Record China

ヘッドライン:

中台関係の冷え込みで台湾の観光収入が激減―中国メディア

配信日時:2018年5月17日(木) 18時50分
拡大
2018年5月16日、中国メディアの中国台湾網は、中台関係の冷え込みで台湾の観光収入が激減したと伝えた。

記事は、台湾メディアの中国時報の報道を引用。それによると、蔡英文(ツァイ・インウェン)政権誕生後、中台関係は急速に冷え込み、訪台中国人数に影響がおよび、台湾の観光業が打撃を受けているという。

台湾交通部観光局によると、2017年の訪台旅行客の1人平均消費額は1147米ドル(約12万6000円)だったが、これは2016年の1251米ドル(約13万7600円)と比べると約8.31%減少した。つまり、1人当たり3065台湾ドル(約1万1300円)消費が減ったことになり、訪台旅行者が年間1000万人とすると、観光収入は年間306億5000万台湾ドル(約1130億円)の減少になるという。

報道によると、訪台旅行者で最も多いのが中国人で、2015年には418万人で、72億3000万米ドル(約7953億円)の観光による外貨収入を記録。訪台旅行者の約4割を占めたという。

しかし、中台関係の冷え込みで中国人客が激減。2016年は351万人に減り、観光による外貨収入は54億8000万米ドル(約6028億円)、2017年は273万人となり、同36億9300万米ドル(約4060億円)となった。蔡政権発足後の2年間で、1042億3500万台湾ドル(約3856億円)を流失したことになるという。

台湾旅行公会全聯会の李奇岳(リー・チーユエ)氏は、「中台関係が冷え込んでから、蔡当局は東南アジアやインド市場の開拓に力を入れており、訪台した東南アジアからの旅行客は3割近く増加した。しかし、観光市場の構造的な変化は大きく、生産額は減少している」と指摘。「東南アジアの旅行者の消費額は中国人旅行者の7割ほどで、滞在期間も中国人は平均7.3日なのに対し、東南アジアからの旅行者は平均4.5日。中国人客1人の穴を埋めるのに、東南アジアの旅行客2人が必要」とした。

同氏は、「台湾当局は大口顧客(中国人客)をキープし、小口顧客を育てるべきだ」と指摘。訪台中国人を確保するためには中台関係改善が必要であり、民間交流を強化するべきだと主張している。個人旅行を許可している中国都市での宣伝強化や、訪台1年マルチビザの条件緩和、リピート率の向上、台北と高雄の空港での中国人トランジット客の24時間以内ビザ免除などは、いずれも効果的な方法だと提案している。(翻訳・編集/山中)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング