台湾のショッピングモールが「日本化」!?ネットで懸念の声―台湾

Record China    2018年2月23日(金) 23時0分

拡大

21日、台湾・中時電子報によると、台湾のショッピングモールで見られる「日本化」について、あるネットユーザーから「台湾ならではの特色がなくなりつつある」と心配する投稿が寄せられた。写真は台湾。

2018年2月21日、台湾・中時電子報によると、台湾のショッピングモールで見られる「日本化」について、あるネットユーザーから「台湾ならではの特色がなくなりつつある」と心配する投稿が寄せられた。

記事によると、台湾では近年の日本ブームの影響を受け、多くの業者が日本ブランドを導入することでビジネスチャンスを手に入れようとしている。こうした中、寄せられたのが「台湾の特色が…」と懸念する投稿だ。投稿者は「自分だって日本に遊びに行くのは大好き」とした上で、「台湾のショッピングモールは『日本化』されていて、同じような日本の商品に占拠されているよう。台湾ならではの特色が次第になくなりつつある」と指摘、所は違えど同じような商品が並ぶ台湾の夜市で一軒、また一軒と閉店が起きたことに言及し、「台湾の商業施設にはローカルブランドや地元の文化が欠けている。どうりで外国人観光客がなかなか来ないわけだ」との考えを示したという。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携