観光の目玉なのに…台湾故宮が3年閉館へ、批判高まる―台湾メディア

Record China    2018年11月14日(水) 13時0分

拡大

台湾台北市の国立故宮博物院北部院区(北院)が2020年末に休館し、改修工事を3年かけて行うことを受け、内外から「観光の最大の目玉である故宮をなぜ休館するのか」と批判が相次いでいる。

台湾台北市の国立故宮博物院北部院区(北院)が2020年末に休館し、改修工事を3年かけて行うことを受け、内外から「観光の最大の目玉である故宮をなぜ休館するのか」と批判が相次いでいる。13日、米華字メディア・多維新聞が伝えた。

台湾・中国時報によると、民進党の立法院(国会)議員の陳明文(チェン・ミンウェン)氏らはこのほど、故宮の休館問題について行政院会合で協議。蔡英文(ツァイ・インウェン)総統も統一地方選の遊説中に触れるなど波紋が広がっている。国民党は「民進党の失策」として政争の具になりかねない事態に発展していると指摘した。

これに対し、故宮側は、全面的な休館ではないと強調。北院の展示物は随時南院に移して展示しながら、北院の改修を進めていると説明している。しかし、市民や専門家の間では「観光への打撃は大きい。海外からの観光客の足も遠のくのではないか」と懸念が広がっているという。(翻訳・編集/大宮)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携