50歳の性転換 妻や知人に「男性」としての最後の挨拶―遼寧省瀋陽市

配信日時:2006年11月15日(水) 9時48分
50歳の性転換 妻や知人に「男性」としての最後の挨拶―遼寧省瀋陽市
画像ID  49960
性転換手術を受ける予定の陳菲菲さんは、手術の前に田舎にある自宅を訪れ、妻や近所の人々に別れの挨拶をし、心の準備を万全にした。
2006年11月14日、遼寧(りょうねい)省瀋陽(しんよう)市に住む陳菲菲(チェンフェイフェイ)さん(50)は、女性への性転換手術を受ける前に、新民市の大民村にある自宅に一時帰宅することにした。これは彼が男性としての最後の帰宅となる。

その他の写真

大民村ではたくさんの男性が待っていて、陳さんが性転換手術を行う前に、まだ男性である彼との最後の抱擁を交わした。彼の妻も彼を抱きしめ、夫との別れを悲しんで大きな声で泣いた。

陳さんは近くの店に、女性用の日用品を買いに出かけた。口紅や香水を手に入れ、赤い毛糸のセーターとスカートも試着して購入した。彼の話によると、手術にはなるべく自分をリラックスさせ、女性になることに喜びを持って臨みたいとのこと。

こうして自宅を訪れることによって、陳さんは手術に対する心の準備をしっかり終えることができた。現在体調もよく、性転換手術の成功については自信を持っている、とマスコミの質問に笑顔で答えた。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事