「オレが悪かった」娘を殴った父親の謝罪文―重慶市

配信日時:2006年11月14日(火) 15時38分
「オレが悪かった」娘を殴った父親の謝罪文―重慶市
画像ID  49912
ネットゲームにはまった娘を殴った魏禄彬さんは、逃げ出して行方が分からなくなった娘を見つけるため、「過ちを認める」と書かれた紙を持って町に出、情報を集めている。
2006年11月13日、重慶(じゅうけい)市の中心部に位置する解放碑青年路で、大盛(ダーション)鎮に住む魏禄彬(ウェイルービン)さんが、「過ちを認める」と印刷された100枚ほどの自作の紙を市民に配っている。

その他の写真

実は1か月ほど前、彼の14歳の愛娘がネットゲームにはまり、毎日学校が終ると必ずネットカフェへ行って遊んでいた。魏さんが何度注意しても、全く聞く耳を持たない。ある日腹を立てた魏さんが娘を殴ったところ、娘は何も言わずに家出し行方知れずになった。連絡は全くなく、学校にも行っていないことが分かった。

魏さんは心配でたまらなくなり、娘への謝りの手紙を書いて街に出て、誰か自分の愛する娘の行方を知らないかと聞きまわっている。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事