絶壁にある謎の洞窟は防空壕か、それとも古代の住居跡か―重慶市

配信日時:2006年11月14日(火) 16時44分
絶壁にある謎の洞窟は防空壕か、それとも古代の住居跡か―重慶市
画像ID  49901
絶壁の真ん中、地上から容易にはたどり着けない場所に、人工の洞穴が発見された。いつの時代に作られたものかをめぐってさまざまな説が飛んでいる。
2006年11月13日、重慶(じゅうけい)市の化竜(ホワロン)橋近くの絶壁で、人工の洞穴が発見されて人々の注目を集めている。考古学者が呼ばれて外部から観察したところ、この洞穴は古代人の住居跡ではないかという説が浮かび上がってきた。

その他の写真

付近に住む80歳の老人に話を聞いたところ、中日戦争で日本軍が重慶を空爆していた頃、近くに住む人々が山道に沿ってこの洞穴に登り、爆撃を避けていたという。住民は習慣的にこの洞穴を「防空壕」と呼んでおり、中華民国期に作られたものではないかと考えているそうだ。

一方考古調査隊の責任者・劉春鴻(リウチュンホン)さんはこの洞穴について、防空壕として建造されたものではないと考えている。戦争中は中国の防災プロジェクトが発展し、防空壕の建設は普通住民が簡単に入れる場所が選ばれた。こんな絶壁の中央に防空壕を作ることはありえない、と「防空壕説」に反論する。

高さ数十mの絶壁の真ん中に位置するこの洞穴は、一体いつ作られたものなのか、その具体的な用途は何だったのか。これらの疑問はすべて、考古学者がこの洞穴に入って初めて明らかになるだろう。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事