Record China

ヘッドライン:

10年間で最も重大なニュース、1位は「中国の台頭」―米研究機関

配信日時:2009年12月10日(木) 17時19分
拡大
1/4枚
2009年12月8日、米国のメディア研究機関が各種メディアの内容を分析したところ、過去10年間で最も重大なニュースは、イラク戦争や米同時多発テロ事件を抑え「中国の台頭」であることがわかったという。ロイター通信の報道をもとに環球時報が伝えた。

その他の写真

10年分のニュース閲覧量を分析したのは、独自のアルゴリズムでインターネットや印刷物での言葉の使用頻度やトレンドを調査分析しているグローバル・ランゲージ・モニター社。分析の結果、世界各地の人が中国の経済成長に注目していることが明らかになった。同社のポール・パヤック所長は「中国の台頭と新興経済は国際秩序を変え、今後もその変革は続くだろう」とコメントしている。

10年間の重大ニュースは、1位が「中国の台頭」、2位はイラク戦争、3位は「米同時多発テロ事件」。以下、「反テロ戦争」「マイケル・ジャクソン死亡」「オバマ氏の大統領当選」「2008−2009景気後退」「ハリケーン・カトリーナ」「アフガン戦争」「経済危機・金融危機」「北京五輪」「23万人の犠牲者を出したインド洋沿岸の地震津波」「対タリバン戦」「200万人が参集したヨハネ・パウロ2世の葬儀」「ビンラディン依然潜伏」と続いた。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

おだてに乗るもんか!米世論調査の「中国が世界一の経済大国」に冷淡反応―中国

2009年12月、米調査機関が発表した世論調査では、米国人の44%が中国を「世界一の経済大国」と評価するなど驚きの結果となった。しかし中国人ネットユーザーは「中国についてあまりにも無知」などと冷淡な反応を示している。写真は江蘇省連雲港市の港。

Record china
2009年12月7日 21時52分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング