Record China

ヘッドライン:

中国軍の戦闘能力では台湾武力統一は困難=米紙記事に中国が反発

配信日時:2018年1月7日(日) 23時30分
拡大
米紙ワシントン・ポストは5日、記事「中国は本当に台湾を奪取できるのか?」を掲載した。写真は航空機から見た台北市。

2018年1月6日、米ボイス・オブ・アメリカによると、米紙ワシントン・ポストは5日、記事「中国は本当に台湾を奪取できるのか?」を掲載した。

蔡英文(ツァイ・インウェン)政権誕生以来、中国本土は台湾にさまざまな圧力をかけている。昨年末には李克新(リー・カーシン)駐米中国公使が「米軍艦艇が高雄に寄港することがあれば、その日こそ人民解放軍によって武力統一が行われる時となる」と発言し、注目を集めた。

しかし本当に人民解放軍には台湾を奪取する能力があるのだろうか。米国の専門家はさまざまな課題を指摘している。侵攻作戦を行った場合、中国は初日に2万6000人、以降1日ごとに1万5000人を上陸させる能力があるが、台湾は15万人の陸軍を速やかに動員することが可能で勝利は難しい。また米軍が参戦した場合、原子力潜水艦は中国の揚陸艦艇にやすやすと大打撃を与える力を持つという。

中国メディアの環球網は6日、ワシントン・ポストに反論する記事を掲載した。台湾政府ですら中国軍の能力を正確に測る力を持っていないのに、米国の専門家がどこまで理解しているのかと指摘した上で、中国統一を阻害し中台の対立を煽るあ記事だと批判している。(翻訳・編集/増田聡太郎

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

中国が猛反発、台湾「武力統一」発言も―トランプ大統領が米国軍艦と台湾軍艦との相互訪問を認める法令に署名

米国のトランプ大統領は12日、2018会計年度国防授権法に署名した。同法には、米台の海軍軍艦の相互訪問などについての内容が盛り込まれている。中国は同法に対して猛反発しており、駐米公使からは台湾の武力統一を表明する発言も出た。写真は高雄港。

Record China
2017年12月15日 13時10分
続きを読む

ランキング