<写真で見る中国の今>中国とポルトガルの美しき混血児、マカオ返還10周年迎える

Record China    2009年12月4日(金) 10時23分

拡大

1日、100年以上にわたるポルトガルの支配が終焉し、マカオが中国に返還されてちょうど10年を迎えた。

(1 / 8 枚)

2009年12月1日、100年以上にわたるポルトガルの支配が終焉し、マカオが中国に返還されてちょうど10年を迎えた。この10年で加速した発展に潤うと同時に、それでも路地裏へ1歩足を踏み入れれば、数多くの古きよき風景が旅人を迎えてくれる。

その他の写真

1999年12月1日に中国の特別行政区となった「東洋のラスベガス」マカオは、破竹の発展を見せた。埋立地の拡大はとどまるところを知らず、大規模なホテルやカジノが次々と出現し、06年には世界最大のカジノ都市となった。本土から押し寄せる中国人観光客によって経済は大いに潤った。

しかし、長年にわたるポルトガル支配の影響によって多くの美しいヨーロッパ建築が残り、そのはざまに中国人たちの確かな生命力が息づいているマカオは、「マカオ歴史地区」として05年に世界文化遺産に指定された通り、いまでも多くの旅人を惹きつける魅力ある街である。それはポルトガルと中国が産み落とした美しき混血児として、いまも宝石のような輝きを放っている。(編集/愛玉)

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携