Record China

ヘッドライン:

<パクリ>新型兵器は中国に輸出するな!損をするだけ―ロシア紙

配信日時:2009年12月1日(火) 3時31分
拡大
2009年11月26日、中国共産党中央軍事委員会の郭伯雄主席はメドヴェージェフ露大統領と会談した。新型兵器の輸出問題などが話し合われたが、27日付露紙・RBCデイリーは中国に技術を盗まれるとして輸出に反対した。写真は今年7月、中露合同の軍事演習。
(1/4枚)

2009年11月26日、ロシアを訪問した中国共産党中央軍事委員会の郭伯雄(グオ・ボーシオン)主席はメドヴェージェフ露大統領と会談した。新型兵器の輸出問題などが話し合われたが、27日付露紙・RBCデイリーは中国に技術を盗まれるとして輸出に反対した。29日、新華網が伝えた。

その他の写真

中国人民解放軍には技術が必要、露軍需企業には資金が必要。ニーズが合致したことから中露間では兵器輸出、軍事技術協力が盛んに行われてきた。しかしここ2〜3年というもの協力関係は停滞、輸出も減少している。

問題は中国がたんに兵器を買うばかりではなく、技術を盗用し「国産」兵器を作り上げている点。その中国製兵器が輸出されロシア製品と競争するなどの皮肉な事態も起きている。そのため資金が必要なロシア側も中国への輸出に二の足を踏んでいるというのが現状だ。今年3月にはロシア政府が戦闘機Su-33の売却を拒否したとも伝えられている。

あるロシアの軍事アナリストは「中国人は実際にはなにも開発していない。ただ盗んでいるだけだ。例えば中国の艦艇はロシアと欧米の技術の結合の産物に過ぎない」と批判し、ロシア政府が第5世代戦闘機など先端技術を中国に渡さないのは賢明な選択だとコメントした。(翻訳・編集/KT)

関連記事

中国製戦闘機がロシア製を駆逐、危機の原因はサポート体制の不備―露メディア

18日、中国製戦闘機が「中国国内市場だけでなく、国際市場においてロシア機を駆逐しようとしている」と、ロシア紙が伝えた。コストパフォーマンスの優秀な中国製の航空技術製品は、世界市場のメインストリームになりつつあるという。写真は中国製戦闘機・J-10。

Record China
2009年11月21日 2時29分
続きを読む

中国の無人戦闘機開発=米軍機を丸パクリか―米誌

10日、米誌ディフェンスニュースは同誌台北駐在員Wendell Minnick氏の記事「中国人は米国の設計をコピーした」を掲載した。米軍をまねて中国も無人戦闘機開発に乗り出しているという。写真は昨年11月、珠海航空ショーで展示された無人機の模型。

Record China
2009年8月13日 22時10分
続きを読む

ランキング