Record China

ヘッドライン:

自然保護区のトラ殺し食べた住民に617万円の賠償命じる―雲南省

配信日時:2009年11月26日(木) 23時8分
拡大
25日、中国南部、雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州モウ臘県の裁判所は、同州内の自然保護区で虎を射殺し食べた住民に対して、銃の不法所持や希少動物を違法に殺した罪などで有罪を言い渡し、約617万円の賠償を命じた。資料写真。
(1/4枚)

2009年11月25日、中国南部、雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州モウ臘県の裁判所は、同州内の自然保護区で虎を射殺し食べた住民に対して、銃の不法所持や希少動物を違法に殺した罪などで有罪を言い渡し、48万元(約617万円)の賠償を命じた。26日付新華社が伝えた。

その他の写真

事件は今年2月、モウ臘県民の2人が国家級自然保護区で見つけたインドシナトラを射殺し、翌日、知り合いらと共に射殺現場に戻った上でトラを解体し、持ち帰ったもの。肉は各自が家で調理し、食べたという。射殺した2人が6月になって自首したことで発覚した。

インドシナトラは中国の一級保護動物に指定されており、賠償金は「トラ射殺によって国家に損失を与えた」ことに対するものだ。(翻訳・編集/東亜通信)

関連記事

ワニ脱走騒動、地元政府が「見つけたら食べてよし」の通達―海南省

30日、海南省で養殖場からワニが逃げ出す事件が相次ぎ、万寧市ではこのほど、現地政府が住民に対し、「ワニは見つけ次第殺してよい」「死んだワニは引き渡さず、食べてもよい」と通達。地元住民の力を借りて一刻も早く問題を解決したい姿勢を示した。資料写真。

Record China
2009年10月30日 16時5分
続きを読む

ランキング