Record China

ヘッドライン:

呆然!上海に奪われたディズニーランド計画、「あれほど準備していたのに…」―韓国

配信日時:2009年11月26日(木) 17時55分
拡大
23日、韓国紙は「韓国は上海ディズニーランドを呆然と眺めている」と題した記事で、韓国が3年前から進めてきたディズニーランド建設計画が上海に邪魔されたと報じた。写真は上海ディズニーランド建設予定地の住民たち。
(1/4枚)

2009年11月23日、韓国紙・朝鮮日報は「韓国は上海ディズニーランドを呆然と眺めている」と題した記事で、韓国が3年前から進めてきたディズニーランド建設計画が上海に邪魔されたと報じた。25日付で環球時報が伝えた。

その他の写真

記事によれば、韓国は3年前、ディズニーランド建設計画を推進するための専門チームを発足させ、建設予定地を果川(クァチョン)のソウル大公園にすることまで決めていた。ソウル大公園は遊園地や動物園、美術館などを抱える総合レジャー施設だが、公園側はいつでも対応できるように動物園の移転先を探すなど早々に準備を始めていた。

ところが、3年後に笑ったのは上海だった。記事は、「中国政府はオバマ米大統領の訪中直前という絶好のタイミングに、わざわざ建設計画の認可を発表した」と皮肉。大統領も最初の訪問地に上海を選び、上海市長に謝意を表明した、と悔しさをにじませた。

記事は、韓国は東北アジア金融の中心地となるべく、数年前から積極的な外資導入を叫んできたが、世界の多国籍企業500社のうち480社が中国に流れ込んでしまったと指摘。それに加え、広東省が「10年以内に国内総生産(GDP)で韓国を追い抜く」と宣言。このままでは韓国が中国に奪われるのはディズニーランドだけでは済まない、と記事は警鐘を鳴らした。(翻訳・編集/NN)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング