Record China

ヘッドライン:

中国製戦闘機がロシア製を駆逐、危機の原因はサポート体制の不備―露メディア

配信日時:2009年11月21日(土) 2時29分
拡大
18日、中国製戦闘機が「中国国内市場だけでなく、国際市場においてロシア機を駆逐しようとしている」と、ロシア紙が伝えた。コストパフォーマンスの優秀な中国製の航空技術製品は、世界市場のメインストリームになりつつあるという。写真は中国製戦闘機・J-10。
(1/4枚)

2009年11月18日、中国が開発したJ-10 ・J-11 ・FC-1 などの戦闘機が「中国国内市場だけでなく、国際市場においてロシア機を駆逐しようとしている」と、ロシア日刊紙・イスベスチヤが伝えた。コストパフォーマンスの優秀な中国製の航空技術製品は、世界市場のメインストリームになりつつあるという。環球時報の報道。

その他の写真

「テクニカルサポートの充実こそが、ロシア製武器輸出の基盤となる」同記事はこう訴えた。ことの発端は、ロシア製の戦闘機Su-30 MKMを採用しているマレーシア空軍が、交換部品の購入をロシアではなく、中国に求めたことだ。

「Su-30 MKMの補修サービスは中国で受けられる」。マレーシア空軍がこう発言した背景には、部品供給に数か月を要するロシアを見限ったことにある。ロシア側はこれまで再三にわたって、インドにテクニカルサポートセンターを立ち上げるとしているが、これはいまだ実現していない。

露メディアによると、中国製戦闘機の搭載エンジンはロシア製に頼っている状況ではあるが、国際市場では中国製が脚光を浴びているという。しかし、ロシア戦闘機MiGの製造企業責任者は、「模造製品の品質はオリジナル製品を超えることはないだろう」と強気の姿勢だ。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

中国の戦闘機開発は「模造に別れを告げた」=最新機「殲10」で設計責任者が語る―中国

10日、中国の新型国産戦闘機「殲10(J10)」の設計責任者は、同機について「中国初の独自の知的財産権を持つ戦闘機。中国が『模造』に別れを告げたことの象徴」と述べた。写真は3日、中国人民解放軍空軍の建軍60周年の記念イベントに登場した「殲10」。

Record China
2009年11月11日 9時1分
続きを読む

中国の無人戦闘機開発=米軍機を丸パクリか―米誌

10日、米誌ディフェンスニュースは同誌台北駐在員Wendell Minnick氏の記事「中国人は米国の設計をコピーした」を掲載した。米軍をまねて中国も無人戦闘機開発に乗り出しているという。写真は昨年11月、珠海航空ショーで展示された無人機の模型。

Record China
2009年8月13日 22時10分
続きを読む

ランキング