Record China

ヘッドライン:

在日中国人の自殺が多発、精神的な重圧も―日本華字紙

配信日時:2009年11月18日(水) 8時51分
拡大
16日、2006年以降、在日中国人の自殺が多発傾向にあることが厚生労働省の発表した統計でわかったと、日本の華字紙「中文導報」が報じた。写真は厚労省。
(1/2枚)

2009年11月16日、在日中国人の自殺が2006年以降、多発傾向にあることが厚生労働省の発表した最新の統計でわかった。06年の自殺者は前年と比べ11人増の30人。以降、07年は26人、08年は25人と高い水準が続いている。日本華字紙・中文導報が伝えた。

その他の写真

同紙の調べでは、過去数年で発生した在日中国人の自殺事件のうち、状況が把握できたものは5件だけだったものの、そこからも一定の傾向が見て取れた。家族との無理心中を図るケース、実習生が就労先で雇用主や同僚を殺害した後に自殺するケース、オーバーステイしていたところを発見され、強制送還を拒否した後に自殺したケース、研修生・実習生として入国したものの生活が成り立たず、言葉の壁などにも悩む中で自殺するケースなどが見受けられるという。

自殺者の多くが生活苦や異文化への不適応、精神的な重圧による問題を抱えているケースが多いことから、関係機関は日本に滞在している中国人に向け注意を呼びかけている。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

青少年の死因1位は「自殺」―中国

3日、中国における15〜34歳の青少年の死因首位は自殺であることが分かった。中国では年間25万人が自殺により死亡している。写真は09年8月、浙江省杭州市で農薬を飲み自殺を図った少女。

Record China
2009年9月4日 12時17分
続きを読む

ランキング