Record China

ヘッドライン:

象牙のニーズ高まる、アフリカで中国人商人による違法取引が増加―中国

配信日時:2009年11月17日(火) 8時54分
拡大
16日、中国で象牙に対するニーズが高まっており、アフリカに長期滞在する中国人の象牙商も増加しているという。写真は中国へ密輸入された象牙製品。
(1/4枚)

2009年11月16日、環球時報によると、ロイター通信は13日「中国の象牙ニーズがアフリカ象を苦しめる」と題した記事を掲載し、経済の発展によって裕福になった中国人が高価な装飾品を求め、中でも象牙に対するニーズが高まっていると伝えた。

その他の写真

ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約=CITES)事務局が07年に発表したレポートによると、中国は依然として象牙の違法取引における最重要目的地とされている。違法な取引を減少させるため、同事務局は昨年、中国に対し62トン分の合法的な象牙取引を認めたが、非難の声も出ている。

現在、世界の多くの国が象牙取引を禁止しているが、日本や中国は同事務局が認めた合法的な象牙取引を通じて象牙を購入している。同事務局の関係者は「合法的な取引による売上金は野生動物保護のために利用されている。また、合法的な取引によって象牙に対するニーズを満たし、違法取引を減らす効果もある」と話している。

一方、同事務局によると、中国で象牙のニーズが高まる中、アフリカに長期滞在する中国人の象牙商が増加しており、最近逮捕された末端の象牙商の多くは中国人だったという。(翻訳・編集/HA)

関連記事

象牙4tの競売、日中の業者が独占―ジンバブエ

3日、アフリカのジンバブエで同国が所有する象牙の在庫約4tが、日本と中国のバイヤー限定の競売に掛けられ、およそ50万ドル(約4900万円)で落札された。写真は3月、広西チワン族自治区で摘発された象牙の違法取引。

Record China
2008年11月5日 9時5分
続きを読む

象牙の輸入を許可!流通状況が良好と判断―中国

15日、ワシントン条約事務局は中国の象牙に関する流通管理や市場状況が所定の基準に達したとして、象牙輸出が認められたアフリカの4か国との取引を許可した。写真は、昨年2月アフリカから密輸された象牙。

Record China
2008年7月16日 2時15分
続きを読む

「アフリカ象密猟の急増は中国人が原因」との西側報道に中国大使館員が猛反発!―中国メディア

7日、米紙ニューヨーク・タイムズがロイター社の報道を引用して伝えたところによると、中国人がアフリカ各地で象牙を買いあさっていることなどが原因でアフリカ象の密猟が増加し、生息数が急減しているという。写真は象牙製品。

Record China
2009年9月9日 21時46分
続きを読む

ランキング