武当山の古代建築物群

配信日時:2006年5月8日(月) 0時11分
武当山の古代建築物群
画像ID  26555
武当山の古代建築物群(湖北省、1994、世界文化遺産)
武当山の旧称は太和山といい、湖北省北部の十堰市に位置する。丹江口ダムに面し、背後には神農架森林区を控える、400数キロにわたり連綿と続く雄大な山である。
山には、72の峰があり、主峰の天柱峰は海抜1612m。その他の峰は主峰に向かって傾いており、摩訶不思議だ。
武当山は古来より、道教の信者がここに仙境を求めたという理想の地で、道教建築が山の至る所にちりばめられており、規模も広大だ。
後漢の時代に、道教が誕生して以来、歴代帝王は数回、この山で儀式を行なったことから、名声が日に日に高まり、明の時代には、「五大名山」よりも上のランクの「大岳」と称されたことがある。
武当山の名声が広く天下に知れ渡ったのは、宗教家の張三豊が武当派と嵩山少林派の名声を等しくしてからである。
武当山の風景は「泰山」の偉大さ、「黄山」の珍しさを兼ね備え、北宋時代の画家からも“天下一の山”であると誉め称えられたこともある。


その他の写真
最新ニュースはこちら

SNS話題記事