Record China

ヘッドライン:

<怖い中国事情>水質汚染に警鐘、「車はBMWでも飲み水は汚染だらけ」

配信日時:2009年11月5日(木) 6時10分
拡大
2日、中国環境保護部部長は、経済発展と社会の進歩、環境保護の3者が足並みを揃えなければ「車はBMWでも飲み水は汚染だらけというアンバランスが生じることになる」と訴えた。写真は05年、化学工場の汚水垂れ流しで3万人が断水を強いられた重慶市郊外の町。
(1/4枚)

2009年11月2日、中国環境保護部の周生賢(ジョウ・ションシエン)部長は、経済発展と社会の進歩、環境保護の3者が足並みを揃えなければ、「車はBMWでも飲み水は汚染だらけ、というアンバランスが生じることになる」と訴えた。3日付で長江商報が伝えた。

その他の写真

周部長は湖北省武漢市で開かれた第13回「世界湖泊大会」で「環境と発展」をテーマにスピーチを行い、「環境に問題が起きれば、まずは経済政策に原因があると思ってよいだろう」との見解を示した。その中で、「発展とは燃焼。そこで燃え尽きるのは資源、残るのは汚染、生まれるのはGDP」だと述べ、経済発展のスピードが速ければ速いほど、汚染物質の排出量は多くなると指摘。このままの状態が続けば生態系に深刻な被害が生じ、人類滅亡の危機にまで発展すると警告した。

その上で、「河川や湖に自然浄化するための十分な時間を与え、失っていたバランスを取り戻させることが大切だ」と指摘。これと同時に汚染物質の排出を減らす努力をすることも必要だと訴えた。(翻訳・編集/NN)

関連記事

環境汚染で健康被害、中国で大規模デモが多発―仏紙

10日、中国各地で環境汚染による深刻な健康被害が発生しているが、これを放置している地方政府に対し、住民たちが大規模な抗議デモを実施。現地警察と激しく衝突する事件が多発している。写真は湖南省武岡市の精錬工場周辺に住む鉛中毒にかかった子供たち。

Record China
2009年9月11日 16時3分
続きを読む

長江デルタ16都市、生態環境の破壊が加速―中国

11月2日、中国の上海復旦大学で開かれた長江デルタ地域の生態環境に関するフォーラムで、同地域における生態環境の破壊が加速していると報告された。写真は江蘇省徐州市銅山県の魚の養殖場。07年7月、魚が大量死する事件が起きた。

Record China
2009年11月4日 3時0分
続きを読む

ランキング