Record China

ヘッドライン:

<温暖化>チベット高原の氷河が激減!アジアの河川にも重大な危機―中国

配信日時:2009年11月4日(水) 13時7分
拡大
2日、米紙USAトゥデイは、地球温暖化などの影響によってチベット高原の氷河が融解し、地球規模での災害をもたらす可能性があると指摘した。写真はチベット高原。
(1/4枚)

2009年11月2日、米紙USAトゥデイは「チベット高原の氷河の急減が研究者を悩ませる」と題した記事を掲載し、地球温暖化などの影響によってチベット高原の氷河が融解し、地球規模での災害をもたらす可能性があると指摘した。3日付で環球時報が伝えた。

その他の写真

環境保護団体・グリーンピースの中国事務所などが最近発表したデータによると、ヒマラヤ山脈にある河川の上流氷河の融解によって水面が上昇し、洪水などが発生している。また、チベット高原のある地区では氷河が2001年に比べて3kmも上流へ後退しており、中国科学院では「氷河は過去40年で約7%減少した」と推測している。

一方、中国やインドの政府はこれまで、気温の上昇や氷河の後退などのデータが発表されても、これが原因で災害などが発生する可能性については、「杞憂である」と判断し、取り合わないことが多かった。しかしここ数か月で、政府の態度にも大きな変化が現れている。

中国気象局の秦大河(チン・ダーホー)元局長は最近、「地球温暖化により、チベット高原や世界各地の氷河がかつて無いスピードで広範囲にわたって溶け出している。これにより、湖面の拡大、洪水、土石流などが発生している。長期的に見ると、アジアの生命線となっている各河川にも重大な危機をもたらす」と指摘した。

また、秦元局長は「チベット高原の温度は、中国のその他の地区よりも4倍のスピードで上昇している」と語り、「これが中国だけでなく南アジア全体に影響する。チベット高原を覆う植物が減れば太陽の輻射に影響を与え、モンスーンに変化が起き、中国南部の洪水と北部の干害をさらに深刻なものにするだろう」と警告している。(翻訳・編集/HA)

関連記事

ランキング