【募集中】韓国語社内スタッフ

「女の嘘」は母方の遺伝子が原因!妻の不倫防止には…―米誌

配信日時:2009年11月3日(火) 20時53分
「女の嘘」は母方の遺伝子が原因!妻の不倫防止には…―米誌
画像ID  225880
2日、米誌は、女性の「騙す行為」は40%以上が母方から受け継いだ遺伝子と大きく関係していると報じた。この遺伝子の働きを弱めるには、セックスを楽しむことが最高の特効薬だという。資料写真。
2009年11月2日、米誌HEALTHは、女性の「騙す行為」は40%以上が母方から受け継いだ遺伝子と大きく関係していると報じた。この遺伝子の働きを弱めるには、セックスを楽しむことが最高の特効薬だという。中国紙・生命時報が伝えた。

その他の写真

専門家によれば、女性の騙す行為は44%が母方から受け継いだ遺伝子の影響によるものだが、セックスをすると高濃度の「忠誠ホルモン」が分泌されるため、この遺伝子の働きを弱める効果がある。女性の不倫もこの遺伝子と大きく関係しているそうで、同誌は世の男性陣に「妻の不倫予防法」を伝授している。

同誌によれば、女性の不倫は月経とも大きく関わっている。月経が始まってから10日目〜18日目は女性の性ホルモンが最高潮に達する時期で、最も不倫に陥りやすい時期にあたる。また、夫の愛情を感じていない女性は不倫に対する罪の意識が薄く、夫以外の男性と仕事以外で毎週2時間以上一緒に過ごす女性は、不倫する確率が3倍も増えるという。

不倫相手として最も可能性が高いのは「過去の恋人」。女性は相手に恋愛感情を抱かなければ不倫関係に発展しないからというのが、その理由だ。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事