【募集中】韓国語社内スタッフ

「米国は善、中国は悪」は過去のイメージ?狂牛病問題で揺れる台湾市民の世界観

配信日時:2009年11月1日(日) 17時53分
「米国は善、中国は悪」は過去のイメージ?狂牛病問題で揺れる台湾市民の世界観
画像ID  225712
10月30日、台湾紙・旺報は、米国産牛肉輸入問題で台湾人の世界観、すなわち米国を善、大陸を悪と見なす価値観が変化しつつあると報じた。写真は北京市で開催された中台紐帯交流の書画作品展。
2009年10月30日、台湾紙・旺報は、米国産牛肉輸入問題で台湾人の世界観、すなわち米国を善、大陸を悪と見なす価値観が変化しつつあると報じた。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

狂牛病問題により台湾は米国産牛肉の輸入を禁止していた。陳水扁(チェン・シュイビエン)前総統時代に骨なし牛肉の輸入が解禁され、今年、馬英九(マー・インジウ)政権がさらに制限を緩和しようとしたところ、台湾市民の反発を呼んでいる。

歴史的に米国への依存度が高く、市民の対米感情が好意的なことで知られる台湾だが、牛肉問題における米国の強硬な態度が波紋を呼んでいる。そもそも冷戦以後、ソ連崩壊、中国の市場経済化、亜細亜金融危機、911テロ、そしてサブプライムローン問題に代表される米国式資本主義の動揺を経て、台湾市民の世界観は変化を続けていたという。旺報は今こそ全面的かつ正確に米国と中国、そして世界を認識することが重要だと主張した。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事