Record China

ヘッドライン:

<調査>9割以上が流出文化財の調査に賛成、「奪還には強硬姿勢を」―中国紙

配信日時:2009年10月26日(月) 18時2分
拡大
23日、中国・北京の円明園が清朝末期に英仏連合軍に略奪された文化財の実態調査を開始すると発表した件について、9割以上のネットユーザーが「非常に有意義だ」と答えた。写真は9月、陝西省西安市で行われた展示会。海外から取り戻した文化財も展示された。
(1/4枚)

2009年10月23日、中国・北京の円明園が清朝末期に英仏連合軍に略奪された文化財の実態調査を開始すると発表した件について、中国紙・環球時報がネット上で意見を求めるアンケートを実施したところ、9割以上のユーザーが「非常に有意義だ」と答えた。

その他の写真

中国でこれほどまでに文化財の奪還を求める声が高まったきっかけは、今年2月にフランス・パリで円明園から略奪された十二支像が競売にかけられたこと。中国側の強い返還要求にも関わらず競売が実施されたことで、中国国内では強い反発が起きていた。

今回のアンケートでは、96.2%(4810票)が「調査は非常に有意義」と回答。46.4%(2319票)が「世界中の中国人が協力して流出文化財の捜索に乗り出すべき」、44.2%(2209票)が「返還に応じない国に圧力をかけるべき」と答えた。また、エジプトがルーブル美術館に「盗品の返還」を求め、一切の協力を停止すると発表した件を受け、中国もこれに倣った「強硬姿勢」で臨むべきとの声も多かった。

このほか、文化財の買い戻しを選択した場合、その資金源はどうするべきか?との質問には、39.9%(1996票)が「中国の外資系企業が寄付するべき」、39.5%(1974票)が「国が予算を割り当てるべき」と答えた。(翻訳・編集/NN)

関連記事

流出文化財を所蔵する各国博物館、中国側の返還要求を危惧?―海外メディア

22日、中国の円明園が「150年前に海外へ流出した文化財を追跡調査する」と宣言したことに関連し、海外では「大英博物館などは中国の返還要求を心配している」と報じられた。写真は09年9月、円明園より海外へ流出したのち返還された動物像の一般公開。

Record China
2009年10月23日 13時48分
続きを読む

<中仏>「盗難文化財」の競売に反論声明、「金儲けの道具ではない」―中国

24日、中国国家文物局は、清朝末期に北京の円明園から英仏連合軍に略奪された動物像をめぐり、競売中止の申し立てが棄却されたことを受け、「国際社会の協力を仰ぎたい」とする声明を発表した。写真は競売にかけられるネズミとウサギ像のレプリカ。

Record China
2009年2月25日 23時41分
続きを読む

<動物像>略奪され行方不明の「犬」か?骨董店で酷似した像が見つかる―米国

27日、清朝末期に北京・円明園から略奪された十二支像のうち、いまだ所在が分かっていない「犬」の頭部の像に似たブロンズ像が、バージニア州フロントロイヤルの骨董店で発見された。写真は05年4月、遼寧省博物館で公開された犬、豚、牛、サルのレプリカ像。

Record China
2009年4月29日 15時29分
続きを読む

ランキング