Record China

ヘッドライン:

<中国人が見た日本>日本に来て味わった「生まれて初めての自由」

配信日時:2009年10月24日(土) 22時17分
拡大
22日、中国のブログサイトに「日本に来てどんな良いことがあったか」と題したブログ記事が掲載された。筆者は中国での安定した生活を捨て、40歳で来日。生まれて初めて法治国家の自由な生活を味わった。写真は豊かな自然が残る沖縄のビーチ。
(1/4枚)

2009年10月22日、中国のブログサイト・新浪博客に「日本に来てどんな良いことがあったか」と題した記事が掲載された。筆者は中国での安定した生活を捨て、40歳で来日。生まれて初めて法治国家の自由な生活を味わった。

その他の写真

筆者が日本に来て味わった「良いこと」の1つは、「汚染の少ない綺麗な空気」。晴れた日は青く澄んだ空が広がり、新鮮な空気が胸にしみわたる。中国にいた時のように窓をしっかり閉めたり、マスクやスカーフを巻いて外出したりする必要もない。水道水を直接飲んでもお腹を壊さないし、夏になってもハエが大量発生しない。

2つ目の「良いこと」は「一流のサービス」。レストランやデパートはもちろんのこと、市役所や入国管理局、ハローワークなどの公的機関でも「神様」のような扱いが受けられる。中国の役所は受け付けてもらうだけでも大変な労力を要するが、日本ではこちらが困った様子を見せるだけで積極的に声を掛けてもらえる。周到な気配りがすごい。

そして、3つ目は「自由」。法治社会とはどんなものかを身を持って体験した。法治社会に生きる国民は個人の自由と権利が保障されており、国民1人1人の個人情報も法律で守られている。国民は法律の許す範囲で自らの意のままに生活することができ、いかなる侵害や妨害も受けない。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<中国人が見た日本>反日教育も克服!素晴らしかった実際の日本、中国人も「恥の文化」学ぼう

30日、中国のブログサイトに「日本を愛してしまった」と告白するブログが掲載された。小さい頃から反日教育を受けてきた筆者だが、実際に日本に行ってみるとその素晴らしさにすっかり魅せられてしまったという。写真は富士山。

Record China
2009年10月1日 17時55分
続きを読む

<中国人が見た日本>世界レベルではなくなった東京モーターショー=中国の盛り上がりとは対照的

21日、千葉市の幕張メッセで第41回東京モーターショーが開幕した。21日、捜狐ブログのあるエントリーでは「東京モーターショーはすでに世界レベルのイベントではなくなった」と指摘している。写真は今年4月の上海モーターショー。

Record China
2009年10月23日 11時29分
続きを読む

ランキング