Record China

ヘッドライン:

<怖い中国事情>ありえない旅行ガイド!飛行機に乗り遅れそう…その時取った行動とは?!―北京市

配信日時:2009年10月22日(木) 18時42分
拡大
17日、北京市警察に航空機に爆弾がしかけられているとの通報があった。ただちに空港には厳戒態勢が敷かれたが、事件は思わぬ結末を見せている。写真は北京空港警察の爆弾処理班。
(1/2枚)

2009年10月17日、北京市警察に航空機に爆弾がしかけられているとの通報があった。ただちに空港には厳戒態勢が敷かれたが、事件は思わぬ結末を見せている。北京晩報が伝えた。

その他の写真

通報をしたのは旅行社ガイドの彭(パン)。この日、ツアー客を乗せて飛行機に乗る予定だったが、バスの運転手が道を間違えてしまったため搭乗時間に間に合わなくなってしまった。飛行機を乗り過ごせば代わりのチケットを買わなければならない旅行社にとっては大損害。そこで思いついたのが虚偽の通報だった。飛行機の出発を遅らせることができると考えたのだ。

とんでもない発想だが、彭は全く悪びれない様子。通報した後、警察から確認の電話を受けたが、「実は遅れそうなのでウソをついたんです」とぬけぬけと話していたという。もちろん虚偽の通報は立派な犯罪、7日間の行政拘留処分を受けた。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<怖い中国事情>転んだお年寄りは「助けてはいけない」が鉄則―江蘇省南京市

24日、「転んだお年寄りを見たら、あなたは手を差し伸べて助けますか?」―。江蘇省南京市のメディアがインターネット上でこんな質問を投げかけたところ、「はい」と答えた人はわずか7%だった。「面倒になりそうだから」というのがその理由らしい。資料写真。

Record China
2009年8月26日 6時32分
続きを読む

<怖い中国事情>家政婦に「ベッドのお供」強要―上海市

8日、中国で家政婦に「ベッドのお供」まで強要する雇い主の存在が社会問題になっていることについて、上海市家政婦協会は「契約書に禁止と明記することは有効的」との見方を示した。写真は3月、家政婦として働くために甘粛省から北京にやって来た女性約400人。

Record China
2009年9月8日 21時24分
続きを読む

ランキング