Record China

ヘッドライン:

秦の始皇帝陵と秦の兵馬俑

配信日時:2006年5月8日(月) 0時12分
拡大
兵馬俑博物館に展示されている遺跡の数々。(陝西省、1987、世界文化遺産)
(1/48枚)

紀元前221年、中国は秦によって統一された。第一代皇帝である始皇帝の墓「秦の始皇帝陵」は西安市郊外に造られ、周囲約6.2?、高さ76mと巨大な規模を誇っている。始皇帝は、38年の歳月と70万人の人々を動員し、生前に自分の墓を造らせたと言われている。

◇始皇帝陵から東へ1.5?の地点に、兵馬俑坑がある。1974年3月、かんばつに窮した地元農民が井戸を掘り始めたところ、2、3m掘ると変わった陶器の破片が見つかった。考古学者の鑑定により、ここに始皇帝の地下近衛軍団が配置されていることが初めてわかった。◇この偶然の発見によって、地下に2000年も眠っていた世界を驚愕させる兵馬俑がようやく日の目を見た。坑は発掘順序に基づき一号坑、二号坑、三号坑と名づけられた。

◇最大規模の一号坑は長さ230m、幅62m、深さ5m、総面積14260?、兵馬俑の数は約六千体と想像を絶する程の規模である。二号坑は6000?、俑の数は千体余り。そして三号坑は500?、俑の数も58体に過ぎず、規模が一番小さいが、地下軍の司令部に当たる。◇一号坑は今なお発掘を続けているが、中は土掘によって区切られ、上に丸木を掛け、その上にゴザを敷き、表は2mの土で覆われている。前衛部隊とその四方に立っている警備隊に守られ、主力軍は38列に分けられ、東に向かい整然と列を組んでいる。◇兵隊俑の平均身長は180?、上半身は空洞だが下半身は空洞ではない。顔の表情はそれぞれ異なり、身分により服装もまちまちだが、共通しているのは、いずれも手に武器を握っていることだ。一部の俑にはまだ色彩が残っている。馬の高さは1.5mで西域の大宛の馬に似て、足が速いと言われている。◇兵馬俑はこの場所の付近の粘土を材料にして、彫刻などの手法を施し、最後に窯に入れて焼いて造られた。殉死制度のあった時代に人間に代わって陶製の人形を殉死品とすることから、人類文明の進歩を窺うことができる。



その他の写真

ランキング