Record China

ヘッドライン:

中国語版翻訳者が語る「村上春樹が取材を受けない理由」―中国紙

配信日時:2009年10月14日(水) 18時11分
拡大
13日、中国紙は、村上春樹氏の作品の翻訳者として知られる林少華氏の寄稿を掲載した。林氏は日本のテレビ局の取材を通じ、「マスコミと距離を置く村上氏の気持ちが分かった気がする」と述べている。写真は中国の書店。
(1/4枚)

2009年10月13日、中国紙・羊城晩報は、村上春樹氏の作品の翻訳者として知られる林少華(リン・シャオホア)氏の寄稿を掲載した。林氏は日本のテレビ局の取材を通じ、「マスコミと距離を置く村上氏の気持ちが分かった気がする」と述べている。

その他の写真

林氏はこれまで「ノルウェイの森」「海辺のカフカ」など、数多くの村上作品の翻訳を手掛けてきた著名な翻訳者。同氏によれば、日本のテレビ局が村上氏の特集番組を制作するにあたり、取材を申し込んできた。日本語で質疑応答するようあらかじめ要望を出してきたが、林氏は「書く方と比べ、会話はやや自信がない」としながらも、最終的にはOKの返事を出した。

頭の中を日本語でいっぱいにし、準備万端で臨んだ林氏。だが、いざ本番になってみると、司会者は「中国語でどうぞ」と言ってきた。慌てて頭の中を中国語に切り替えようとしたが、とっさに言葉が出てこない。しかも、その内容は、林氏が想定していた翻訳の苦労話や中国での村上人気に貢献した林氏の功績などではなく、村上作品が中国の読者に与えた影響や村上人気と中国社会の発展との関連性などについてだった。

がっかりした林氏。だが、これこそが取材を「受ける」ということなのだと、この時初めて思い知る。つまり、相手が聞きたい内容に合わせなければならないのだ。林氏は、「なぜ村上氏がマスコミの取材を受けないのか、分かった気がする」と締めくくった。(翻訳・編集/NN)

関連記事

“非識字者集団”の中国サッカー代表、「村上春樹」読んだら「教養人」―中国紙

7日、中国紙は23日の「世界本の日」にちなみ、サッカーのイングランド代表選手たちが子供たちへの「推薦図書」を発表したが、中国代表には「そこまで教養のある選手はいない」と皮肉った。写真は昨年7月、遼寧省で行われた中国対ベトナムの試合。

Record China
2009年4月8日 21時53分
続きを読む

ランキング