2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

安徽省南部の古村落

配信日時:2006年5月8日(月) 0時13分
安徽省南部の古村落
画像ID  26240
安徽省南部の古村落−西逓、宏村(安徽省、2000、世界文化遺産)
安徽省古村群とは明清代から残る古民家群で、北宋時代に形成された祠堂、牌楼、古民居などの建築群3600棟がほぼ完全に保存されており、その建築様式は「徽州建築」「徽州派」などと呼ばれ独特の風格と精巧な窓枠彫刻で有名である。 中でも有名な村は、イ県の宏村と西逓村である。 イ県は黄山市で最も古い県であり、現存する民家の数は数百棟にも及んでいる。 宏村は、山と水に囲まれており、その形から「牛型村落」と呼ばれ、山・木・橋・部屋をそれぞれ牛の体の一部にみたてている。牛の腸にみたてられているクリークは山の泉を引いて各家の前まで運ばれ、生活用水として利用されている。クリークの水は最後には風光明媚な南湖に流れ込む。 西逓村は、イ県の中心から8キロのところにあり、村の長さは700メートル、南北の幅300メートル、世帯数300、人口1000余りの町である。ここにも、数百にわたる明清代の古民居があり、建物と道路には大理石が使われており、2本の清らかな泉が村を貫いている。99本の高い壁の路地に入り込むと、まるで迷宮に身を置いているようである。
村はずれには1578年に建てられた胡氏一族の繁栄を象徴する巨大なシンボル、牌坊がそびえており、その構造は精巧である。
村の中には康煕年間に建築された「履福堂」があり、その内装は優雅で上品である。
また、村中の邸宅に共通しているのは華麗で精巧な庭を持ち、黒い大理石製窓枠、すかし窓、石で彫刻された花鳥のデザイン、レンガを彫りの屋根、各種題材の木彫、彩絵、壁画などを備えていることであり、古代芸術のすべてがここに体現されている。
その他の村落としては、チャン・イーモウ監督が《菊豆》の映画撮影の一部を行った南屏村などがある。


その他の写真
最新ニュースはこちら

SNS話題記事