Record China

ヘッドライン:

チンギスハンの墓は本当に四川省に?地元当局は「聞いていない」―四川省

配信日時:2009年10月4日(日) 20時33分
拡大
9月30日、モンゴル帝国の初代皇帝チンギスハンの末裔とされる女性がこれまで謎とされてきた墓の所在について「四川省カンゼ・チベット族自治州にある」と証言した件で、地元当局は「全く聞いていない」と語ったという。写真はカンゼ・チベット族自治州。
(1/4枚)

2009年9月30日、モンゴル帝国の初代皇帝チンギスハンの末裔とされる女性がこれまで謎とされてきた墓の所在について「四川省カンゼ・チベット族自治州にある」と証言した件で、地元当局は「全く聞いていない」と言っていることが分かった。華西都市報が伝えた。

その他の写真

チンギスハンの墓は世界史上最大の謎の1つとされ、所在については諸説あるが、これまでは霊廟のある内モンゴル自治区オルドス市が最も有力とされていた。だが、チンギスハンの第34代子孫とされる大連在住のモンゴル族女性が新証言をしたことで、「歴史的な大発見」と大きな注目が集まっていた。

中国政府も証言に基づき、9月から現地調査を開始したと伝えられているが、記事によれば、地元のカンゼ・チベット族自治州文化局は「そんな重大な発見があったことも、調査をしているという話も聞いていない」とコメント。四川省文物局も「聞いていない。現在、事実関係を確認中」としている。

だが、同州を流れる大渡河一帯では昔からチンギスハンの末裔がいるとの噂はあったようだ。付近の瀘定県冷磧鎮沈村に住む「余」姓の村民たちは、自分たちは実はモンゴル族でチンギスハンの末裔であると公表している。当時、明軍の迫害を恐れた末裔たちがこの地に流れ、漢族を装うために「余」姓を名乗るようになったのだという。(翻訳・編集/NN)

関連記事

チンギスハンの墓は四川省にあった!?末裔の女性が証言、現地調査も開始―中国

9月28日、13世紀にモンゴル帝国を築いたチンギスハンの末裔とされる女性が、これまで謎とされてきた墓の所在について、「四川省カンゼ・チベット族自治州にある」と証言し、大きな話題となっている。写真は中国内モンゴル自治区にあるチンギスハンの霊廟。

Record China
2009年10月1日 17時21分
続きを読む

チンギス・カンの墓探しを計画、期間は3年―米大学

20日、米カリフォルニア大学サンディエゴ校の専門家チームが、いまだ見つかっていないモンゴル帝国の初代皇帝であるチンギス・カンの墓の探査を計画していることがわかった。写真は中国・内モンゴル自治区にあるチンギス・カンの霊廟。

Record China
2008年10月23日 16時39分
続きを読む

元代に韓国に渡った「孔子の末裔」、現在8万人―中国

17日、儒教の祖として知られる孔子の家系図「孔子世家譜」の増補改訂事務局が、現在韓国に居住する孔子の末裔は元の時代に渡った高官の子孫であることを発見した。写真は山東省済南の国際展示センターに展示された孔子像。

Record China
2008年2月18日 21時58分
続きを読む

ランキング