Record China

ヘッドライン:

「しんちゃんよ、永遠に」!海賊版で臼井作品に親しんだファンの熱い思い、ネットに続々―中国

配信日時:2009年9月26日(土) 16時2分
拡大
25日、「クレヨンしんちゃんの父」こと臼井儀人さんの死は多くの中国ファンに衝撃を与えた。「小新」ことしんちゃんと共に過ごした時間を懐かしむ声は後を絶たない。写真は学校でクレヨンしんちゃんを読む子ども。
(1/2枚)

2009年9月25日、「クレヨンしんちゃんの父」こと臼井儀人さんの死は多くの中国ファンに衝撃を与えた。「小新」ことしんちゃんと共に過ごした時間を懐かしむ声は後を絶たない。新京報が伝えた。

その他の写真

中国の読者がしんちゃんと初めて出会ったのは90年代半ば。「聖闘士星矢」「王家の紋章」といった日本の漫画とともに香港から入り、瞬く間に世に出回った。それらの“版元”である「内モンゴル出版社」「長春出版社」などもしんちゃんファンにとってはすっかりお馴染みに。だが、それらはすべて海賊版だ。これまでの発行数は100万部を超える。

現在30歳の李(リー)さんは「高校生の頃、クラスの誰もが海賊版のしんちゃんを持っていた」と話す。同級生の多くがしんちゃんの物マネをして、先生に叱られた。李さんにとっては大切な青春の思い出だ。32歳の丁(ディン)さんは「しんちゃんは子供の皮をかぶった大人」と話す。普通の人が実生活では決してできない傍若無人な振る舞いをしんちゃんがやってくれる。多くの人がそこに「想像上の自分」を見るのだという。

臼井さんの死を悼む中国のネットユーザーたちは、「好きなしんちゃんを描こう」というキャンペーンを展開中だ。「大人になったしんちゃん」や「メガネをかけたしんちゃん」など様々なしんちゃんが登場した。中には、「泣かないで」と慰めるドラえもんの横で「パパが死んじゃった」と涙を流すしんちゃんも見られた。(翻訳・編集/NN)

関連記事

各メディアが一斉に「クレヨンしんちゃん」作者とは別人の写真を掲載!日本人ファンの指摘で謝罪―中国

23日、人気漫画「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人さんの不慮の死は多くの中国ファンにも大きな衝撃を与えたが、中華圏の各メディアが別人の顔写真を臼井さんとして紹介していたことが分かった。写真は上海の子どもが着たしんちゃんもどきのTシャツ。

Record China
2009年9月23日 13時17分
続きを読む

「ありがとう!楽しい子ども時代を過ごせました」=「クレヨンしんちゃん」作者の死に哀悼の声―中国

2009年9月20日、人気マンガ「クレヨンしんちゃん」の作者・臼井儀人の死亡が確認された。「クレヨンしんちゃん」は中国でも絶大な人気を誇っただけにネットは死を悼む声であふれかえった。写真は04年8月、南京市のスーパーに飾られたしんちゃん。

Record China
2009年9月21日 11時52分
続きを読む

<レコチャ広場>中国メディアも死を悼む、「クレヨンしんちゃん」作者の死に見るインターネットの書き込み

21日、人気マンガ「クレヨンしんちゃん」の作者・臼井儀人さんの死亡が確認され、同日には中国メディアもこれを速報、中国のファンもその早すぎる死を悼んだが…。写真は04年8月、南京市のスーパーに飾られたしんちゃん。

Record China
2009年9月22日 13時8分
続きを読む

ランキング