Record China

ヘッドライン:

外国人810万人を国外へ退去、自国民の就労保護で―ロシア

配信日時:2009年8月27日(木) 20時4分
拡大
26日、ロシアが自国民の就労優先権を保護するため、経済危機以降、800万人以上の外国人を国外へ退去させていることがわかった。写真はモスクワの中国人商業区。
(1/4枚)

2009年8月26日、香港誌「亜洲週刊」によると、ロシアが自国民の就労優先権を保護するため、経済危機以降、800万人以上の外国人を国外へ退去させていることがロシア連邦移民庁の報告からわかった。環球時報が伝えた。

その他の写真

記事によると、2008年にロシア国内に在留していた外国人の数は1350万人だったが、今年1〜7月までに在留外国人の3分の2にあたる810万人もの外国人を退去させており、現在在留しているのは主にタジキスタンやウズベキスタンなど旧ソ連の独立国家共同体(CIS)に属する国々の国民約540万人ばかりだという。

ロシアは肉体労働を中心に労働力が不足しており、違法に外国人労働者を雇用するケースが多く、その罰金は累計12億ルーブル(約35億4500万円)に達している。特にCISに属する国はロシアと相互に査証免除(ノービザ)の関係を結んでおり、ロシアに流入する失業者が跡を絶たないという。(翻訳・編集/岡J田)

関連記事

モスクワから半年で6000人の外国人を駆逐!移民引き締め強まる―ロシア

29日、ロシア連邦移民局モスクワ支局の発表によると、09年上半期のモスクワでは、不法滞在や違法行為を働いた外国人およそ6200人を強制送還したという。金融危機のあおりを受けた自国民の就業機会確保が目的と見られる。写真はモスクワの中国人商業区。

Record China
2009年8月1日 10時47分
続きを読む

「米は本妻、ロシアは愛人」の三角関係、常に優位を保つ中国?―米外交誌

24日、米外交専門誌は「不均衡な三角関係」と題した記事で、ロンドンにある欧州改革センターロシア・中国プログラム部長のボボ・ロー氏の著書を引用しながら、中ロ関係を分析した。写真は7月に行われた中ロ合同の対テロ軍事演習「平和の使命―2009」。

Record China
2009年8月25日 16時3分
続きを読む

ランキング