Record China

ヘッドライン:

<中華経済>東芝が江西省で水力発電所向け設備を受注、30億円で―中国

配信日時:2009年8月22日(土) 7時45分
拡大
2009年8月21日、東芝(東京都港区、佐々木則夫社長)は同社グループで中国で水力発電設備の製造、販売、保守サービスを行う「東芝水電設備(杭州)有限公司」がこのほど、江西省の石虎塘発電所向け水力発電設備について、江西省交通庁からバルブ式水車と発電機を受注したと発表した。受注額は30億円。

受注したのは20.6メガワット級バルブ式水車と発電機6セット。同発電所は2011年11月末から順次運転を開始する予定で、東芝は同5月から受注品を納入する。

同社によると、中国の水力発電所の新規建設規模は世界の5割を占めており、発電設備容量は20年までに08年の2倍に拡大すると見込まれる。同社はこうした中国市場で今後も水力発電設備の受注活動を強化したい考えだ。(編集/東亜通信)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング