Record China

ヘッドライン:

<日本人が見た中国>「残すが礼儀」知らなかった!“中国式宴会”のマナー

配信日時:2009年8月24日(月) 15時20分
拡大
10代はわき目も振らず勉学にはげみ、20代はフィリピンの孤児院で英語教師のボランティアとして奔走。30代は中国で一旗あげるために、今月から上海へ単身乗り込んだアラサー日本人女性。そんなわたしは、現地入り後ほどなくして「中国式宴会」の洗礼を受けた。
(1/4枚)

32歳東大文学部卒!!10代はわき目も振らず勉学にはげみ、20代はフィリピンの孤児院で英語教師のボランティアとして奔走。30代は中国で一旗あげるために、今月から上海へ単身乗り込んだアラサー日本人女性。そんなわたしは、現地入り後ほどなくして「中国式宴会」の洗礼を受けたのであった。

その他の写真

上海入り2日目、ボスがとある中国人&日本人紳士の皆様のディナー会に連れて行ってくれることになった。メニューは大本命、北京ダック!!

喜び勇んで参加した私。会話は80%中国語で繰り広げられ、イマイチよく聞き取れないのでひたすら「食べる、飲む」に走ることに。超美味の北京ダックが食べ放題!紹興酒も飲み放題!はじめは無邪気に頬張るも、途中から不思議なことに気づいた。かなりのピッチで食べているのに、目の前のお皿がずっと満杯…。「あれ?また北京ダックが補充されてる?さっきお店の人来たっけ??」お酒も同様。飲んでも飲んでも、私の前の2つのグラスは常にビールと紹興酒でいっぱい。そう、気づかぬ間に目の前の食べ物と飲み物におかわりが供されているのだ。本当に目にも止まらぬ間に。日本で「出された食事を残すのは失礼」としつけられて育った私はメゲずに食べ続け、飲み続け、途中から食べ放題というよりも「わんこそば」状態、最後は私VS服務員(店員)の骨肉の耐久戦に!

腑に落ちないながらも会はお開きになり(お皿とグラスは最後まで満杯だったので結局私が耐久戦に負けた形)、翌日会社に行くとボスに「コイツ、夕べ1人でガツガツ食べててさあ〜」なんて笑われてしまった(気づいたなら止めてほしかった)。

どうも気になったので、インターネットで「中国、食事…」などのキーワードで検索してみると、いろいろな文献に「中国では、食べきれないほどたくさんの食事を出すのがおもてなし=食事を食べきってしまうと『おもてなしが足りない』との意味になるので『逆に失礼』」という趣旨のことが書いてある。知らなかったのは私だけ?

「お客様に決してひもじい思いはさせない」という考えから、とにかく“量”で勝負のチャイナスピリット。そして、「客に気付かれず、そっとお皿におかわりを」との中国式給仕術に感服すると同時に、当日のホストの方々は内心「この子はいったいどれだけ食べるんだ?」と、ヒヤヒヤだっただろうと思うと、ちょっと心配(なんせ北京ダックでしたから)。みなさん、ごめんなさい。(30代女性/生産、物流現場カイゼン研究会勤務)

関連記事

<レコチャ広場>浜辺で女性観察=ずんどうでも活発な日本人、スタイル抜群でおすましの中国人

2009年8月20日、ブログ「性と愛の平行線」は記事「日本と中国、ビーチの女性の違いとは?」を発表した。日本のビーチは欧米のような強烈なインパクトはないが、ゆっくり観察するとおもむきがあると評価している。写真は中国のリゾート地・海南省三亜市。

Record China
2009年8月22日 13時49分
続きを読む

<在日中国人のブログ>中国人から見た日本人のラーメンの食べ方

日本を訪れる外国人観光客にも人気で、国民の大多数からも愛される庶民的な食べ物・ラーメン。しかし、中国人と日本人では、ラーメンにちなんだ明らかな風習の違いがある。日本人はなぜ、音をたててラーメンをすするのだろうか?写真は中国で人気の日本式ラーメン店。

Record China
2009年5月21日 17時53分
続きを読む

ランキング