Record China

ヘッドライン:

中国人教授が強制送還、娘の在留書類偽造が密告で判明!―日本

配信日時:2009年8月14日(金) 14時25分
拡大
13日、大学で教鞭を執っているある中国人男性が、娘の身分を偽って日本に入国させたとして警察に身柄を拘束、強制送還させられたことがわかった。写真は成田空港。
(1/4枚)

2009年8月13日、北京晩報によると、大学で教鞭を執っているある中国人男性が、自身の娘の身分を偽って日本に入国させたとして警察に身柄を拘束、強制送還させられた。

その他の写真

男性は1994年5月に大学講師として日本に派遣されたが、2年後、博士学位を取得するため日本での滞在を延長。アルバイトをしながら約10年、苦労の末ようやく博士学位を取得。ある大学の客員教授となり、その後、ある企業の副社長にも就任。ようやく苦労が報われるところとなった。

男性の娘は2005年にある日本人と結婚したが、2年後に離婚。日本の国籍を取得していなかったため、毎年入国管理局で日本滞在の申請を繰り返してきたが、男性はこうした煩雑さを解消してやろうと、副社長という自らの立場を利用して、娘を自身の会社の従業員と偽った証明書類を作成。しかし、今年8月、社内の密告により偽造が明るみとなり、男性は強制送還され、娘も同様に強制送還されてしまったのだという。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

<レコチャのアンケート>中国人の日本個人旅行解禁、不安要素は「マナー」と「治安」

5日、日本政府が今年7月より中国人向けの個人観光ビザを解禁したことを受け、レコードチャイナ編集部で実施したアンケートでは、回答者の半数がこれに賛成とする一方、中国人観光客のマナー問題や治安の悪化に懸念を抱いていることがわかった。写真は日本各地。

Record China
2009年8月6日 6時38分
続きを読む

ランキング