Record China

ヘッドライン:

妻を殺された?イタチが“下手人”張さん宅に連夜の仇討ち!張さん「もう勘弁」と悲鳴―湖北省武漢市

配信日時:2009年8月12日(水) 13時26分
拡大
2009年8月、湖北省武漢市に住む張さんはここ数日、眠れぬ夜を過ごしている。なんと妻を奪われたイタチが毎晩復讐にやってくるためだという。写真はイタチ。
(1/3枚)

2009年8月、湖北省武漢市に住む張(ジャン)さんはここ数日、眠れぬ夜を過ごしている。なんと妻を奪われたイタチが毎晩復讐にやってくるためだという。11日、武漢晩報が伝えた。

その他の写真

張は武漢市でタイピング・コピー店を経営している。8月8日深夜、店が騒がしいのに気づいて起きると、店内では2匹のイタチが暴れていた。見ると保存用の肉も大半が食べられているではないか。怒り心頭に発した張さんは棍棒を持って追い回したところ、一匹はねずみ取りの罠にかかり、もう1匹はどこへやら逃げていった。

張さんは捕らえたイタチを郊外に放したというが、問題はこれで終わらなかった。それからというもの、逃げたイタチが毎晩復讐にやってくるというのだ。8日はコピー機に小便をかけられ、9日は食べかけのネズミを店内に放置されたのだとか。なにより頭が痛いのは張さんの寝室に乱入してきたこと。「3歳の息子はイタチが暴れても熟睡していたけど、もしかまれたりしたらどうすればいいんでしょう?」と張さん。

なぜこれほど執拗に復讐するのだろうか。張さんは2匹のイタチはカップルで、妻を失った怒りでやって来ているではないかと話している。(翻訳・編集/KT)

関連記事

密漁被害の野生動物、99種類・4200匹以上を焼却―広西チワン族自治区

14日、広西チワン族自治区南寧市の営林場で山のように積まれた野生動物の死骸が焼却された。その数は巨大トカゲ、センザンコウ、コブラなど99種類、計4277匹(頭)。全て密猟の被害にあった動物たちだ。写真は同区で先月押収されたツキノワグマの手173個。

Record China
2009年7月26日 19時19分
続きを読む

ランキング