シンガポール首相が訪中 四川の伝統文化に触れる―四川省成都市

配信日時:2006年10月28日(土) 23時47分
シンガポール首相が訪中 四川の伝統文化に触れる―四川省成都市
画像ID  47541
中国を訪問しているシンガポールのリー・シェンロン(李顯龍)首相が成都市に到着し、街並みや伝統工芸の見学を楽しんだ。
2006年10月27日の午後6時25分、シンガポールのリー・シェンロン首相が四川(しせん)省成都(せいと)市に到着し、省の官僚らが成都双流国際空港で一行を出迎えた。リー首相一行は成都に3日間滞在する予定で、この夜は市内の琴台路と錦里通りの2か所を訪れ、四川省の伝統文化に触れる思い出深いひと時を過ごした。

その他の写真

リー首相は、中国の温家宝(おんかほう)首相の招待に応じ、10月26日から31日の間中国を訪問している。訪問の目的は今月30〜31日に広西(こうせい)省南寧(なんねい)市で開催される中国-アセアン首脳会議に出席するためだ。

リー首相は1952年に生まれた、シンガポール共和国の政治家、第3代首相兼財務相、人民行動党第一秘書長。国父であるリー・クアンユー(李光耀)の息子である。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事