中印国境紛争、来年にも決着か=中国側が大きく譲歩の可能性も―香港紙

配信日時:2009年8月7日(金) 7時31分
中印国境紛争、来年にも決着か=中国側が大きく譲歩の可能性も―香港紙
画像ID  215392
4日、香港紙によれば、中国とインドの国境紛争が来年にも決着しそうだ。来年の国交樹立60周年に合わせ、長年の懸案に終止符が打たれる可能性が高いという。写真はチベット高原の国境を警備する査果拉歩哨所。海抜5300mと中国で最も高い場所にある歩哨所だ。
2009年8月4日、香港紙・明報によれば、中国とインドの国境紛争が来年にも決着しそうだ。来年の国交樹立60周年に合わせ、長年の懸案に終止符が打たれる可能性が高いという。

その他の写真

中国の載秉国(ダイ・ビングオ)国務院委員とインドのナラヤナン国家安全保障顧問は7日、国境問題について13回目の話し合いを行う。これに先立ち、両国とも国境付近の兵力を増強させるなど不穏な動きが見られたが、記事は「すべてパフォーマンス」であることは内部事情に詳しい人なら誰でも知っており、実際は早ければ来年には国境画定に関する協定が結ばれるとの見方が強まっていると指摘した。

中印が争う国境線は計1700km、面積は計12万5000平方キロメートルに及ぶ。現在はチベット自治区と接する東部と中部はインドが、新疆ウイグル自治区と接する西部は中国がそれぞれ実効支配している。記事によると、中国側は面積の72%がインド、28%が中国の帰属という線で話し合いを進めているが、インド側の方針は「すべて自分たちのもの」だという。

だが、記事はこれを「中国側にとってかなり不利な条件」と指摘。中国当局が本当にこのまま慌ただしく合意するとは思えない、と疑問を呈している。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事