Record China

ヘッドライン:

<中華経済>中国鉄道建設大手が南米ベネズエラで大型受注

配信日時:2009年8月5日(水) 7時20分
拡大
31日付新華社の報道によると、中国鉄道部系のインフラ建設請負大手・中国中鉄股フン有限公司ベネズエラ分公司とベネズエラの国家鉄道局はこのほど、ベネズエラ北部平原のティナコ―アナコ鉄道建設に関する契約書を取り交わした。契約総額は75億ドル。資料写真。
(1/4枚)

2009年7月31日、同日付新華社の報道によると、中国鉄道部系のインフラ建設請負大手である中国中鉄股フン有限公司(中鉄公司、チャイナ・レールウェイ)ベネズエラ分公司と南米・ベネズエラの国家鉄道局はこのほど、ベネズエラ北部平原のティナコ(Tinaco)―アナコ(Anaco)鉄道建設に関する契約書を取り交わした。設計・建設などにわたる幅広い内容で、契約総額は75億ドル(約7130億円)。ベネズエラの非石油分野では最高額の契約となる。

その他の写真

中鉄公司はティナコ―アナコ鉄道建設の設計、仕入れと施工を担当する。双方はまた、貨物専用車両組立工場、鉄道用枕木製造工場、踏切組立工場、レール溶接工場の4工場を合弁で建設することでも合意した。中鉄公司はベネズエラ側に技術提供を行うほか、管理・技術スタッフの人材育成研修も行う。同プロジェクトでは主な資材、機関車用車両、工事設備は中国から輸出する。

ティナコ―アナコ鉄道は全長471.5キロメートル。ベネズエラ北部の4州を横断する複線電化鉄道で、2012年に竣工の予定だ。(翻訳・編集/東亜通信)

関連記事

ベネズエラ初の通信衛星「シモン・ボリバル」、軌道上での引き渡し完了―中国

11日、中国が昨年10月に打ち上げに成功した南米ベネズエラ初の通信衛星「シモン・ボリバル」が、軌道上での性能確認試験を完了し引き渡された。写真は昨年10月30日、「シモン・ボリバル」を搭載して発射されたキャリアロケット「長征3号乙」。

Record China
2009年1月12日 22時28分
続きを読む

ランキング