商店街で333点ものニセデジタル製品を押収―北京市

配信日時:2006年10月27日(金) 15時42分
商店街で333点ものニセデジタル製品を押収―北京市
画像ID  47393
商店街の9つの店舗から、ソニーなどと銘打たれた333点ものデジタル偽造製品が押収された。
2006年10月26日、北京市の東城(トンチョン)工商局が商店街にある9つの店舗から、偽造されたソニーのメモリースティックや乾電池など、16万元(約240万円)相当の品333点を押収した。

その他の写真

偽造品の販売方法は、店頭に本物の製品を並べ、客が購入しようとすると偽物を渡したり、破格の値段で売り出したりするのが一般的。また内蔵メモリが5Gもあるメモリースティックが売られていたが、ソニーはこれまでに5Gのメモリスティックを製造したことはないとのこと。

工商局は市民に、デジタル製品を購入する時は値段の安さなどにだまされず、大型デパートで買うようにと呼びかけている。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事