Record China

ヘッドライン:

移住したい世界の都市ランキング、トップ10の多くをアジアが占める―中国メディア

配信日時:2018年11月23日(金) 22時0分
拡大
22日、中国新聞網は「移住したい世界の都市」ランキングにアジアの都市が多く入ったと報じた。写真は台北。

2018年11月22日、中国新聞網は「移住したい世界の都市」ランキングにアジアの都市が多く入ったと報じた。

記事は、オランダの華字メディア・華僑新天地の記事を紹介。近頃、世界最大の外国移住関係コミュニティーサイトであるインターネーションズが発表した今年の「移住したい世界の都市ランキング」「移住したくない世界の都市ランキング」の結果を伝えた。

ランキングは187カ国の外国移住者1万8135人を対象に、ワークライフバランス、現地人の友好性、住居、生活レベルなど様々な要素について尋ねた調査結果から算定されたものだという。

「移住したい都市」のトップ10は、1位から台北、シンガポール、マナマ(バーレーン)、ホーチミン(ベトナム)、バンコク(タイ)、クアラルンプール(マレーシア)、アーヘン(ドイツ)、プラハ(チェコ)、マドリード(スペイン)、マスカット(オマーン)となっており、アジアから7都市が選ばれた。

一方で「移住したくない都市」は、1位からリヤド(サウジアラビア)、ジッダ(サウジアラビア)、ローマ(イタリア)、ストックホルム(スウェーデン)、ロンドン(英国)、パリ(フランス)、ダブリン(アイルランド)、シュツットガルト(ドイツ)、ヨハネスブルグ(南アフリカ)、ミラノ(イタリア)の順だった。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング