2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

移住したい世界の都市ランキング、トップ10の多くをアジアが占める―中国メディア

配信日時:2018年11月23日(金) 22時0分
移住したい世界の都市ランキング、トップ10の多くをアジアが占める
画像ID  719421
22日、中国新聞網は「移住したい世界の都市」ランキングにアジアの都市が多く入ったと報じた。写真は台北。
2018年11月22日、中国新聞網は「移住したい世界の都市」ランキングにアジアの都市が多く入ったと報じた。

記事は、オランダの華字メディア・華僑新天地の記事を紹介。近頃、世界最大の外国移住関係コミュニティーサイトであるインターネーションズが発表した今年の「移住したい世界の都市ランキング」「移住したくない世界の都市ランキング」の結果を伝えた。

ランキングは187カ国の外国移住者1万8135人を対象に、ワークライフバランス、現地人の友好性、住居、生活レベルなど様々な要素について尋ねた調査結果から算定されたものだという。

「移住したい都市」のトップ10は、1位から台北、シンガポール、マナマ(バーレーン)、ホーチミン(ベトナム)、バンコク(タイ)、クアラルンプール(マレーシア)、アーヘン(ドイツ)、プラハ(チェコ)、マドリード(スペイン)、マスカット(オマーン)となっており、アジアから7都市が選ばれた。

一方で「移住したくない都市」は、1位からリヤド(サウジアラビア)、ジッダ(サウジアラビア)、ローマ(イタリア)、ストックホルム(スウェーデン)、ロンドン(英国)、パリ(フランス)、ダブリン(アイルランド)、シュツットガルト(ドイツ)、ヨハネスブルグ(南アフリカ)、ミラノ(イタリア)の順だった。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/24 10:56)

    昔、放映された『マネーの虎』と言う番組で在日米軍基地の若い兵士が『日本でピザの店頭販売の店をオープンしたい』と言っていた。アメリカでは繁盛しているが日本にはまだないので、日本で店を開けば大儲けできると言うわけだ。虎(出資者)が『どうして日本に店がないと思う』と質問したところ『それは誰も思いつかないからです』と答えて大笑いされていた。この〈移住したい都市〉と言うのも『文明が遅れているから、簡単に成功できる』という甘い読みからであろう。〈移住したくない都市〉にロンドン、パリ、ローマが入っているのは『進歩しすぎていて相手にされない』という理由だろう。まるで戦国時代に〈タイムスリップ〉した現代人みたいな話である。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事