Record China

ヘッドライン:

<続報>大と殺!狂犬病に感染した犬、処分後の消毒は…―陝西省漢中市

配信日時:2009年6月24日(水) 14時43分
拡大
22日、陝西省漢中市の「狂犬病疫病区」内でペットを含む犬の大量殺処分が行われている問題で、処分後の犬の死体に十分な消毒処理が施されていないという実態が報告された。写真は06年9月、陝西省西安市で行われた犬の緊急捕獲。
(1/4枚)

2009年6月22日、陝西省漢中市の「狂犬病疫病区」内でペットを含む犬の大量殺処分が行われている問題で、処分後の犬の死体に十分な消毒処理が施されていないという実態が報告された。新京報が伝えた。

その他の写真

同市政府は12日、今年に入り市内で7000人以上が野犬に噛まれ12人が死亡したのを受け、指定範囲内のペットを含むすべての犬を殺処分すると発表した。これには市民を始め中国全土から、動物愛護の精神に反するといった反対意見が続出。中国政府も初の「動物愛護法」制定に向け、作業を進めている。現在は最終的な修正が加えられている段階だ。

だが、市は予定通り殺処分を決行。これまでに数万匹が処分された。ところが問題なのはその後の処理。四川省の動物愛護団体が発表した調査報告によれば、犬の死体は消毒などの処理が一切施されず、2次被害の危険にさらされている。

北京大学法学部の湛中楽(ジャン・ジョンラー)教授は、「市政府がやるべきことは犬の管理を徹底し、病気の蔓延を防ぐこと。問題が発生してから慌てて対処することではない」と同市のやり方に否定的な見方を示している。(翻訳・編集/NN)

関連記事

県政府、狂犬病対策として「全ての犬処分」を公告=ネットに告発記事―陝西省漢中市

2009年5月29日、あるネットユーザーが陝西省漢中市洋県で野犬、ペットを問わず全ての犬の殺処分が行われているとネット掲示板で告発した。ペット飼育許可証や狂犬病ワクチン接種の有無にかかわらず全て処分することが定められているという。

Record China
2009年6月3日 10時32分
続きを読む

ランキング