Record China

ヘッドライン:

「日本人は夜勤も立ち仕事も嫌がる」=不法残留外国人大量雇用の企業を摘発―日本

配信日時:2009年6月23日(火) 10時8分
拡大
2009年6月19日、埼玉県戸田市の食品加工会社「農産物流通サービス」の清川光雄社長らが、不法残留の外国人を雇用した入管難民法違反(不法就労助長)容疑で逮捕された。写真は厚生労働省。
(1/3枚)

2009年6月19日、埼玉県戸田市の食品加工会社「農産物流通サービス」の清川光雄社長(55歳)、小川泰秀工場長(50歳)が、不法残留の外国人を雇用した入管難民法違反(不法就労助長)容疑で逮捕された。22日、日本の華字紙・日本新華僑報が伝えた。

その他の写真

今年5月、埼玉県警は同社で働く外国人76人を入管法違反容疑で逮捕した。捜査によると、同社に中国人不法労働者が集まっていた理由は清川容疑者の雇用方針にあるという。2006年以降、清川容疑者は一部中国人のビザが期限切れになっていたことを知りながら雇用していた。

また清川容疑者は私立大学に在籍している中国人留学生・初振楠(シュー・ジェンナン、25歳)に中国人アルバイトを紹介するよう依頼、紹介料として1人あたり3万円を支払っていた。これまでに50人以上が紹介されていたという。初も5月31日に逮捕されている。

同社の従業員200人のうち半数が中国人などの外国人労働者。日勤の場合、外国人の時給は760円と日本人より40円低かったが、夜勤の場合は日本人と同じ900円が支払われていた。清川容疑者は「日本人は夜勤も立ち仕事も嫌がる。少し辛いとすぐ辞めてしまうから」と動機を話している。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング