2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

大学入試の作文をなんと甲骨文字で!破格合格の可能性も―四川省

配信日時:2009年6月22日(月) 18時27分
大学入試の作文をなんと甲骨文字で!破格合格の可能性も―四川省
画像ID  209240
20日、中国の大学入試で出題された作文問題で、甲骨文字や青銅器銘文、篆刻文字などの古代文字を用いて書いた作文を提出した学生がいたことがわかった。写真は1899年に発見された甲骨文字。
2009年6月20日、大学入試が終わったばかりの中国四川省で、甲骨文字で作文を書いて提出した受験生がいたとの情報がネット上に流れ、話題になっている。成都晩報が伝えた。

その他の写真

17日、「国学数典」フォーラムに「大学入試答案、四川省で甲骨文字作文が出現」というタイトルのスレッドが立った。作者は採点に関わった教師の1人とみられ、「解答用紙のなかに驚くべきものが見つかった」と記述。それは「古代文字で整然と書かれた作文だった」と打ち明けている。

この作文を見た教師たちの反応はまさに「呆然」。「古代文字で書くな」という入試規定はないため、採点者チームはこの800字あまりの作文を上層部の言語監督チームに届けたが、彼らの反応も「呆然」であった。作文に使われている文字は甲骨文字のほかに、青銅器銘文体、篆書体などの文字で、上層部は四川大学の古代文字研究の専門家に翻訳を依頼。現代漢字の簡体字に訳したのちに採点するという。このスレッドには短期間でコメントが集中し、全国のネットユーザーらから「史上最高にカッコいい答案」との称号が贈られていた。

同紙記者は甲骨文字作文の有無を確かめるため各関係者を取材。採点現場ではその存在を認めたが、四川大学や採点者チームの責任者、四川省大学入試センターの担当者は「何も話せない」としている。なお、同作文を提出した学生は作文の出来によっては破格合格となる可能性もあると中国メディアは伝えている。(翻訳・編集/本郷)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事