県政府、狂犬病対策として「全ての犬処分」を公告=ネットに告発記事―陝西省漢中市

配信日時:2009年6月3日(水) 10時32分
県政府、狂犬病対策として「全ての犬処分」を公告=ネットに告発記事―陝西省漢中市
画像ID  206331
2009年5月29日、あるネットユーザーが陝西省漢中市洋県で野犬、ペットを問わず全ての犬の殺処分が行われているとネット掲示板で告発した。ペット飼育許可証や狂犬病ワクチン接種の有無にかかわらず全て処分することが定められているという。
2009年5月29日、あるネットユーザーが陝西省漢中市洋県で野犬、ペットを問わず全ての犬の殺処分が行われているとネット掲示板で告発した。同県の公告が転載されており、ペット飼育許可証や狂犬病ワクチン接種の有無にかかわらず全て処分することが定められていると指摘した。6月2日、大河網が伝えた。

その他の写真

県政府に確認をとったところ、犬の管理を徹底していることを認めた。その背景となっているのは狂犬病被害が深刻化していることにある。漢中市全体では7000人近くが野犬に咬まれ、7人が死亡している。同県だけでも今年春から300人以上が野犬に咬まれ負傷し、3人が狂犬病で死亡しているという。そのため同県は市から「狂犬病疫病区」に指定された。

こうした状況から県は犬の管理、殺処分を実施しているが、ネットで噂されているようにペットの犬まで全てを殺処分しているわけではないと県政府幹部は話した。県政府はすべてのペットに登記を要請するとともに政府が費用を負担しての狂犬病ワクチン接種を実施さらにペットを飼う家庭には犬を放し飼いにしないことを求めているという。野犬に関しては動物保護の重要性はさることながら、人間の命を守ることが優先されるの仕方がなく、その殺処分は中国の動物保護関連法にも抵触しないとコメントした。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事