Record China

ヘッドライン:

<レコチャ広場>何か忘れていないか、盧武鉉前大統領自殺に関する中国の報道

配信日時:2009年5月27日(水) 13時22分
拡大
2009年5月、レコードチャイナのライターによる個人ブログ「全人類の中国分析2」は、盧武鉉韓国前大統領の自殺に関する記事を掲載した。

<盧武鉉前大統領自殺>腐敗は中国も直面している問題―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/group/g31688.html

盧武鉉(ノ・ムヒョン)韓国前大統領が自殺したというニュースを、驚きをもって受け止めました。日本人のわたしですらそうですから、韓国人にとっては、その衝撃はどれほどのことかと思います。

各中国メディアも次々と前大統領の自殺を報道し、最近は積極的に評論も発表しているようです。
上の記事のタイトルにもあるように、「韓国だけでなく、腐敗は中国も直面している問題だ」というとらえ方をしているメディアも少なくないとのこと。

これはわたしの哲学の先生に教えられたことです。
「刑不上大夫(刑は大夫に上らず)」という言葉が礼記の中に出てきます。
その反対が「礼不上庶人(礼は庶人に上らず)」。
科挙によって高い位を得た人々(士大夫以上)には、刑罰を与えることはない。なぜなら、礼、つまり高い倫理規範を有しているはずの人々が、刑罰を受けるような行いをするはずがないからです。
それとは対照的に、庶民は、礼(倫理規範)を備えていないから、刑罰によって抑えつけるのが最良の方法だ、というわけです。

この話には続きがあります。
高官は、あらゆる刑罰を免れられる特権があるかわりに、もし倫理規範に反する行為があったならば、自害を選ばなければならない。
確固とした倫理規範が彼らの中にあるからこそ、です。
それが高官の誇りです。

韓国の前大統領は、自殺の道を選びました。
わたしは「礼記」に則ってこれを賞賛しようとは思いません。個人的には、自分の命を絶つというその行為は、生命倫理に反すると思っています。それは、生きることからの逃避でもあります。
また、大統領に罪があったかどうか、現時点では何とも言えません。
しかし、中国のメディアが「腐敗は中国も直面している問題」と報道するときに、どれだけ真剣に中国の腐敗と向き合おうとしているのかを、今、問いたいのです。

中国は儒教を捨てました。
にもかかわらず、「刑不上大夫(刑は大夫に上らず)」、そして「礼不上庶人(礼は庶人に上らず)」という考え方は、中国政治の中にそのまま残っています。
都合のいい部分だけが残っている。
高官の誇りはどこに行ったのですか。
「刑」を逃れる特権を持っている者にこそ「礼」がないというのは、皮肉という言葉では片付けられないほど、かつて儒教の大国を誇った国にとって致命的な欠陥です。
今回の韓国前大統領に関する一連の報道で、なぜ中国メディアはそこを突かないのか。

儒教を忘れてしまったからでしょう。

■「全人類の中国分析2」は、中国ニュースを材料に、情報を正しく解読することの大切さを伝える、あるレコードチャイナ・ライターのブログ。Livedoor Blogに掲載。

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング