中国人はアフリカ人の目にどう映っているか―中国ブログ

配信日時:2009年5月29日(金) 1時44分
中国人はアフリカ人の目にどう映っているか―中国ブログ
画像ID  205253
22日、アフリカ在住5年の中国人男性が自身のブログに「アフリカ人から見た中国人」という記事を掲載した。写真は南アフリカ共和国ケープタウン。
2009年5月22日、エチオピアで2年間生活し、カメルーン在住3年の中国人男性、劉植栄(リウ・ジーロン)氏は自身のブログ「飛翔的鉄塔」で「アフリカ人から見た中国人」というタイトルの文章を掲載した。

その他の写真

5年にわたるアフリカ生活で劉氏が知り得た中国人に対するイメージを紹介している。主な内容は以下の通り。

1.勤勉で忍耐強い。
2.性に対する欲求が淡白。アフリカに赴任する中国人は、白人と違って現地で恋人を作ったりしない。
3.安価な商品を製造する。ただしアフリカ人は「中国製品は品質が悪い」と認識している。
4.法律意識が低い。
5.自分たちが外国人にどう思われようとかまわない。悪いイメージを持たれても全く平気な民族。
6.中国の安価な商品がアフリカ市場をかく乱している。
7.団結力がない。アフリカで生活する中国人は他人の成功に嫉妬し、誰かが成功したら必ずその足を引っ張ろうとする。
8.信仰心がない。無宗教者が多い。
9.何でも食べる。

このように中国人に対するイメージはマイナスのものが圧倒的に多い。「中国人は尊大で、自分の長所ばかり見て短所を見ようとしない」と劉氏は指摘。「中国人が世界に冠たる優秀な民族であり続けるためには常に危機意識を持ち、これまでの傲慢さを捨て去ると同時に冷静に自己分析ができるようになるべき」と主張している。(翻訳・編集/本郷)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事