Record China

ヘッドライン:

在日中国人が見た「日本の会社の8不思議」―中国ブログ

配信日時:2009年5月7日(木) 5時40分
拡大
3日、日本企業で数年間働いた経験のある中国人が自身のブログに「日本の会社の8不思議」を紹介。外国人から見た日本の会社員の不思議な実態を詳細に記している。写真は05年四川省成都市で開かれた「中日友好都市フェスティバル」。
(1/3枚)

2009年5月3日、日本在住の中国人が書いたブログ記事が中国各紙に転載されて話題になっている。

その他の写真

ブログの作者は北京出身のシステムエンジニア。数年前から日本で暮らし、日本の会社で働いている。彼は自分の職場で不思議に思ったことを「日本の会社の8不思議」と名づけて紹介している。

1つ目は、女性社員が若いこと。20代がほとんどで、30代はごく少数だ。2つ目は、男性の天下であること。給料も出世のスピードも男性が圧倒的に有利である。3つ目は、社員が会社のしきたりや決まりを厳守すること。朝礼や合宿、社歌斉唱などは当たり前で、これをしなければ社員とは認められない。4つ目は、英語が聞き取れず話せない社員が多い。でも英語の文章は書けるし、読めるのだ。5つ目は、コーヒーをやたらに飲むこと。6つ目は、髪の毛を七三分けにして、ダークスーツを着ること。皆同じ人に見えて誰が誰だかわからない。7つ目は、社員同士の飲み会が多く、しかもほとんど割り勘なこと。8つ目は、「心のままに従い、道を外すことがない」こと。礼儀正しいのも、規則を守るのも、その場の空気を読むのも、出しゃばらないことも日本人にとってはすべて当然のこととして身についているのだ。

これら8つの不思議について、日本には「寿退社」や「カタカナ英語」があることや、ストレス発散のためにタバコやコーヒーが手放せないこと、個人よりも集団を大切にする民族であることなど、1つ1つに詳しい説明を加えている。(翻訳・編集/本郷)

関連記事

<金融危機>収入減の在日中国人、副業でカバーも現実は甘くない?―日本

3日、世界的な景気悪化が、日本の企業にも暗い影を落としている。減産の拡大や就業時間の短縮などで、収入が減少した会社員も多い。収入を確保できるように、副業を認める動きが広がっているという。写真は就職フェアに参加する東京の在日中国人ら。

Record China
2009年5月5日 3時27分
続きを読む

ランキング