Record China

ヘッドライン:

<在日中国人のブログ>母の手を引いて

配信日時:2009年5月7日(木) 14時28分
拡大
幼いころ、私は母に手を引かれて育った。どこへ行くにも手をつなぐ。道路を横切る時や人混みでは、ぎゅっと握る。私を見失わないように。母の手には、絶対的な安心感があった…。資料写真。
(1/4枚)

幼いころ、私は母に手を引かれて育った。どこへ行くにも手をつなぐ。道路を横切る時や人混みでは、ぎゅっと握る。私を見失わないように。母の手には、絶対的な安心感があった。

その他の写真

母と出かけるのが大好きだった子ども時代。散歩コースは家の周り。人が集まる市場には連れて行ってもらえなかった。「お土産買ってくるからね」がお約束。だけど、駄々をこねたこともある。母は必死になだめたが、最後は私の粘り勝ち。「お母さんから絶対に離れないでね」と渋々承諾してくれた。

市場に行くのはもちろん初めて。活気溢れる光景に目を奪われ、母の手が離れた隙にそっと抜け出した。夢中になっている間はとても楽しかった。しかし時間が経つに連れ、母の姿がみえないことに不安になった。「高いところから見渡せば、お母さんを探し出せる!!」。しばらくして、私の名前を呼びながら探し回る母をみつけた。目にいっぱい涙を浮かべていた。

大人になった今。私は東京で暮らしている。母も会いに来てくれる。道路を横切るにも、自動車の往来にも怯えてばかり。そんな母に「道路を横切る時は気をつけて。慌てないで」と言い聞かす。母は笑いながら頷く。痩せてシワだらけになった手を引くと、切なさがこみ上げる。私は、これからも母の手を引いて歩くだろう。かつて母が私にしてくれたように。(男性/東京在住/マスコミ関係)(翻訳・編集/SN)

関連記事

<在日中国人のブログ>中国人の大声の理由

「中国人は話し声が大きい」。中国人の国際社会でのマナーを語る際によく言われれることだが、これにはそれなりの理由がある。写真は「鉄ラッパ」の異名で有名な中国のサッカーファン。

Record China
2009年3月11日 12時46分
続きを読む

ランキング