Record China

ヘッドライン:

<動物像>略奪され行方不明の「犬」か?骨董店で酷似した像が見つかる―米国

配信日時:2009年4月29日(水) 15時29分
拡大
27日、清朝末期に北京・円明園から略奪された十二支像のうち、いまだ所在が分かっていない「犬」の頭部の像に似たブロンズ像が、バージニア州フロントロイヤルの骨董店で発見された。写真は05年4月、遼寧省博物館で公開された犬、豚、牛、サルのレプリカ像。
(1/4枚)

2009年4月27日、米華字紙・世界日報は、清朝末期に北京・円明園から略奪された十二支像のうち、いまだ所在が分かっていない「犬」の頭部の像に似たブロンズ像が、バージニア州フロントロイヤルの骨董店で発見されたと報じた。28日付で環球時報が伝えた。

その他の写真

地元在住の中国系住民、鄭安迪(ジョン・アンディー)氏が偶然見つけ、1000ドル(約9万7000円)で購入した。外見上は十二支像の1つである「犬」の頭部の像に非常に良く似ているという。ジョン氏はフランス・パリで起きた「ウサギ」と「ネズミ」の像の競売事件も知っており、「これがもし本物なら祖国に返還したい」と話す。だが、本物かどうかの鑑定にかかる費用を負担する経済力がないため、専門家の協力を得たいとしている。

今回見つかった像は高さが40cmで重さは9.5kg。大きさや材質、形などは本物そっくりだという。左耳の下半分に少し亀裂がある以外は保存状態も良好。骨董店の主人は像の入手経路について「人から頼まれた。詳しいことは分からない」と話している。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<動物像>十二支像の「龍」は台湾にある=著名コレクターが証言―台湾

12日、清朝末期に北京・円明園から英仏連合軍に略奪された十二支像のうち、中国人に最も人気のある龍の像が台湾にあることが、コレクターの証言で明らかになった。写真は05年11月、中国・広西チワン族自治区で公開された本物の牛、虎、サル、イノシシ像。

Record China
2009年3月13日 15時12分
続きを読む

<動物像>G20出席の首脳に協力依頼?企業買い取り後対中返還も―フランス

3日、中国・清代に流出した動物像がパリで競売にかけられ、落札した中国人が支払拒否した問題で、欧州中華芸術保護連合会の会長は、仏企業が買い取り中国に返還する意向を示していることを明らかにした。写真は競売されたウサギとネズミの像のレプリカ。

Record China
2009年4月3日 13時48分
続きを読む

ランキング