【募集中】中国語社内スタッフ

<世界卓球選手権>最強ライバルの独選手が棄権、中国代表「やりがいがない」―中国ポータル

配信日時:2009年4月27日(月) 10時43分
<世界卓球選手権>最強ライバルの独選手が棄権、中国代表「やりがいがない」―中国ポータル
画像ID  201164
今月28日より横浜アリーナで開催される第50回世界卓球選手権で、中国軍団の強力なライバルとして注目されていたティモ・ボル選手(ドイツ)が、男子シングルス・男子ダブルスとも棄権を表明した。写真はボル選手。
2009年4月26日、今月28日より横浜アリーナで開催される第50回世界卓球選手権で、中国軍団の強力なライバルとして注目されていたティモ・ボル選手(ドイツ、09年1月時点で世界ランク4位)が、男子シングルス・男子ダブルスとも棄権を表明したため、中国では「ライバル欠如」と大きく報道されている。国内大手ポータル・新浪(SINA)スポーツ版の報道。

その他の写真

26日、横浜アリーナで組み合わせ抽選会が実施され、かねて出場が危ぶまれていたボル選手の棄権が確認された。このため中国の王勵勤(ワン・リーチン)選手が繰り上げで第4シードに選出された。

ボル選手は現在、欧州1位の選手。中国の最大のライバルとされていたが、2週ほど前に腰を痛め、ミュンヘンで療養中とのニュースが入った。当初は世界選手権への出場は問題ないと見られていたが、ほどなくしてダブルスからの棄権を発表。シングルスに専念するとしていたが、間もなくシングルスからの棄権も表明した。

これによって、世界最強軍団・中国優勝への道は近くなった。しかし、強きライバルを欠いては見どころがなくなったことも事実。中国代表チームの黄●(フアン・ビアオ/●=「風」に「火」3つ) ヘッドコーチも「ボルが参戦しないとは…やりがいがなくなる」と、無念をにじませた。(翻訳・編集/愛玉)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事