Record China

ヘッドライン:

<09年度長者番付>1万人に6人が「大富豪」―中国

配信日時:2009年4月17日(金) 12時28分
拡大
15日、「胡潤研究所」が09年度中国長者番付を発表。資産額1000万元(約1億4500万円)以上の富豪が1万人につき6人いることが分かった。写真は自家用ヘリコプターに乗る男性。
(1/4枚)

2009年4月15日、英国人フージワーフ氏(中国語名は胡潤)が主宰する「胡潤研究所」が2009年度の中国長者番付を発表した。北京晩報が伝えた。

その他の写真

それによれば、資産額が1000万元(約1億4500万円)を超える富豪は中国全土に82万5000人、1億元(約14億5000万円)を超える富豪は5万1000人にのぼり、中国人1万人につき6人が資産額1000万元以上の富豪となる計算。とりわけ富豪は北京市に多く住んでおり、資産1000万元以上が14万3000人、1億元以上は8800人いる。次いで多いのが広東省と上海市だった。

資産1000万元以上の富豪は、平均年齢が39歳。起業家や大企業の重職に就いている人、不動産取引や株式投資で財を為した投資家が大部分を占めた。一方、資産1億元を超える富豪の平均年齢は43歳。企業経営による利益に加え、不動産や株式といった資産を所有しており、1000万元以上もする邸宅に住み、100万元(約1450万円)以上する高級車に乗るなどしている人が多いという。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

ランキング