日本のホテルに100回泊まった私が見つけた秘密―中国コラム

配信日時:2018年6月2日(土) 22時0分
日本のホテルに100回泊まった私が見つけた秘密―中国コラム
画像ID  690566
5月31日、中国のポータルサイト・捜狐に、「日本のホテルに100回泊まった私が見つけた秘密」と題したコラムが掲載された。コラムは日本のホテルの優れた点をつづっている。資料写真。
2018年5月31日、中国のポータルサイト・捜狐に、「日本のホテルに100回泊まった私が見つけた秘密」と題したコラムが掲載された。コラムは日本のホテルの優れた点をつづっている。以下はその概要。

日本の住宅は中国と比べると全体的に狭く、当然一般的なビジネスホテルはあまり広くはない。ただ、広さはないが、細やかさは随所に散らばっている。

中国のホテルだと、テレビ台と化粧台が別々のケースが一般的だが、日本だと一体になっているのが一般的。日本のホテルの化粧台は多機能で、テレビ台のみならず、ケトルを置くスペースのほか、備品を収納する棚も下部に置かれている。少し長めの台のためご飯を食べる際にテーブルとしても使用でき、一つで何役もこなしている。この多機能の化粧台は私たちの生活にも応用できる。考え方としては、化粧台にPCを置けるスペースと足元のスペースに収納棚を設置するといった具合だ。

最近、日本に限らず中国でもガラス張りのホテルが増えたように感じる。のぞかれている気がして落ち着かないこともあるが、ガラスにすることで閉塞感がなく部屋全体が広く感じるといった効果がある。

日本のホテルでは化粧台や浴室に大きな鏡が設置されていることがある。これもガラスと同じように反射することで部屋を広く見せる効果と、姿見の役割も果たしている。

日本のホテルではバスルームでもスペースを有効活用した工夫を目にすることができる。トイレに入る際、狭い空間だとトイレットペーパーホルダーの存在も気になるが、日本では壁をくりぬきホルダーをはめ込んでいるケースがある。さらに、シャワールームでは、壁の角を利用し三角形のコーナーラックが設置されていることがある。これは手が届く場所に物を置けるだけでなく、空いているスペースを有効に活用することにもつながっている。

また、これは日本と中国のホテルに共通することだが、室内は基本的に色を統一している。これは複数の色があると空間が切り取られたように感じ、その結果狭く感じてしまうこともあるからだ。ホテルに泊まった際は、自宅でも応用できる工夫がないか観察してみると面白いかもしれない。(翻訳・編集/内山
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/06/04 17:13)

    まあ、言ってみればこういう「無駄にしない」事が「効率化」なんだよね。それをした上で「無駄を省く」事を考えればいいんだが。 そしてこういう事は、一見無関係に見える事にも応用が利く。行政でも無縁ではないし、仕事でも同じ事だ。そして日本企業が大きく勘違い(というか勘違いしたフリ)してるのが効率化=人員削減、経費削減=人件費削減だ。 人員も人件費も、単なる無駄ではない。人事異動で「適材適所」をまず探せば効率化も進むし、人件費もまず「無駄に貰っている役職」から削ればいい。まあ、大体の場合当てはまるのは無能な経営サイドだったりするんだが、経営サイドは大抵自分たちの取り分は「ケチらない」んだよね。 何でもそうだけど、効率を上げるのに「士気」は密接な関係がある。社員の士気と密接なのは、労働に対する見返り=給与な訳で、これを削ると当然士気も下がる。だから、ボーナスや給与という人件費の削減は最後の砦なのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事